「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2015年09月06日 更新

何だこりゃ!「編みぐるみ標本」のインパクトがすごいニットショップ

「ええ!?これなに!?」と驚く事必須な、こちらの写真。
dscn0016
そうこれ、骨格と内蔵標本です。

その正体は、編みぐるみ

dscn0018
毛糸などを編んでぬいぐるみにしていく、昔ながらの製法。
元が糸とは言え、とてもリアルな出来映えです。

この作品が展示されているのは、カナダにある、The Knit Cafe

026
お店のショーウインドウでは、毎回糸やニットを使ったいろんな作品が展示されています。

10414614_719002688161758_7854196469662806979_n
お店の前がこんなに可愛いと、

dscn3699
つい立ち止まっちゃいますよね。

dscn4363-2

世界中からいろんな糸を集めて、販売したり、作品を作ったり、糸やニットが大好きな仲間同士が集まってコミュニティを開催するなど、お店では「ニット」を軸に様々な取り組みを行っています。

dscn0016
それにしても、最初の標本の編みぐるみはインパクト絶大
今は時期も変わって、ウインドウの作品は変わってしまっていますが、次はどんな作品が生まれるかと思うと、楽しみですね。

出典:http://www.theknitcafetoronto.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです