「いいな」を届けるWebメディア

ニュース

2015年09月06日 更新

【赤い月】今年最後の幻想的な天体ショー「Blood Moon 〜ブラッドムーン〜」

今夜10/8(水)に「皆既月食」が観測されます。

月食とは、地球の影に月が入りこみ、月が欠けて見える現象で、中でも今夜は月が完全に影の中に入ってしまう「皆既月食」が見れます。

特に注目なのは、その幻想的な

blood moon

blood moon

blood moon

出典:space.com

月が赤みがかった「赤銅色」に変化することから「Blood Moon(ブラッドムーン)」と呼ばれています。

今日は全国的に天気に恵まれているため、観測には好条件。ほぼ日本全国で見ることが出来る様です。これほど広い範囲で皆既月食の全過程を見ることができるのは、約3年ぶり。観測には絶好の機会と言われています。

なんとも幻想的な天体ショー。見逃し厳禁です!

観測に最適な時間

月が地球の影に入りこむ「部分食」が始まるのは、本日の18時14分ごろから。

注目の月が赤銅色に染まるブラッドムーンは、皆月食が始まる19時24分頃〜20時24分まで観測出来る予定です。(月食は、月が見える場所であればどこでも同時に起こります。日食のように観察地によって時刻が変わるということはなく、全国どこでも同じ時刻に始まって終わります。)

blood moon

出典:space.com

詳細の時間帯はこちら。

部分食の始まり:18時14分
皆既食の始まり:19時24分
皆既食の最大 :19時54分
皆既食の終わり:20時24分
部分食の終わり:21時34分

「ブラッドムーン」撮影のポイント

今年の7~9月には、満月が巨大に見える「スーパームーン」が観測された影響もあり、今回の月食は月が地球に最接近した直後に起きることから、スーパームーンに近い大きさの皆既月食(前回より5.3%大きく見える)が観測出来るようです。

部分食が始まる18時14分頃は、月は東の空の低いところに見えます。そのため、あらかじめ見晴らしがよい場所を見つけておくと観測しやすくなります。皆既食の間(19時24分~20時25分頃)は東南東の空に、部分食が終わる21時35分ごろには南東の空の高いところに見えます。

今夜の月は大きく、かつ天候が良ければ、明るさも十分で撮影がしやすい被写体といえます。カメラはもちろん、スマートフォンや携帯でも撮影できます。デジカメやスマホで月を撮るには、「夜景モード」など夜の撮影に適したモードがあれば使いましょう。スマホには夜景撮影用のアプリもあります。

あらかじめダウンロードしておくといいかも。

【iOS用】
camera
夜撮カメラ
価格:無料

【android用】
camera
夜撮カメラ
価格:無料

観測出来ない場合はこちら

もし、天候が悪く月が見えなくても大丈夫。

いくつかのWebサイトでは、リアルタイムで映像配信しており、運悪く見えない場合でも、ブラッドムーンを楽しむことが出来ます。

念のため、以下のサイトをブックマークしておくといいかもしれません。

ウェザーニュース
皆既月食特設サイト

誠文堂新光社
皆既月食特設サイト

大きな月と皆既月食を合わせて見れる贅沢な一夜。今夜はみんなで夜空を見上げましょう!

【追記】本日10/8に観測された「赤い月」(Blood Moon)

Twitterには既に、たくさんの「赤い月」がアップされています。雲で見れなかった、という方もどうぞお楽しみ下さい。

本当に幻想的な美しさです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです