「いいな」を届けるWebメディア

コラム

2015年09月06日 更新

くまのプーさんが教えてくれる17個の優しい言葉

Pooh03

出典:fanpop

みんなが知ってる童話「クマのプーさん(Winnie-the-Pooh)」

原作は、イギリスの童話作家、アラン・アレクサンダー・ミルン氏によって1926年に描かれています。

くまのプーさんが、森の仲間たちと過ごす日常の中で発する、心に響く言葉を17個ほどご紹介します。

いつも覚えておかなくてはならないことがあるんだ。それは、きみは自分で思うより勇敢だし、強いし、意外と頭がいいってことだよ。

「さよなら」を言いたくない人がいるなんて、ぼくはなんて幸せ者なんだろう。

ピグレット
「プー、君は何をしているんだい?」

プー
「僕は、何もしていないをしているのさ」

もし君が100まで生きるなら、 僕は君より1日少なく生きたいな。 そうすれば、ずっと君といられるからね。

Pooh02

出典:fanpop

ぼくはチビでデブだけど、それが自慢なんだ。

少しの心遣いと、少しの思いやりが、大きな違いとなるんだ。

草だって花なんだよ。知り合いになればね。

長く離れ離れにならなくてもいいように、夢をみるんだと思うな。もし、ぼくたちが互いの夢の中にいられれば、いつでも一緒にいられるから。

Pooh01

出典:fanpop

森のかげに隠れていてはだめだよ。自分から出て行かなくちゃいけない時もあるんだ。

ほんの些細なことが、きみの心のほとんどを占めることがあるんだよ。

自分を変えてくれるものが、自分を作るものだ。

からっぽのものを貰うとうれしい。ものをいれられるもの。

Pooh04

出典:fanpop

川はそのことを知ってるよ。急がなくてもいいよ、ボクたちはいつかそこに、たどり着くんだから。

ピグレット
「love」って、どうやって書くんだっけ?

プー
「書くものじゃないよ。愛は感じるものだよ」

他人のことを必要以上に大切にする。 それが愛ってやつだと思うな。

動物に話しかける人はいるけど、聞こうとする人はほとんどいない。それが問題なんだ。

友だちに会えない日は、一滴もはちみつが残っていない壺のようなものだよ。

いかがでしたか?

大人になって初めて気づく、深い言葉も多かったです。

何かに悩んだ時に、ふと、思い出してみてもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです