「いいな」を届けるWebメディア

コラム 感動

2015年08月12日 更新

「生まれた日」の大切さを改めて感じる、haruちゃんのママが綴った「娘の誕生日」。

000

大切な人を失ったとき、お別れした瞬間を思い出すことが多いのではないでしょうか。
「こんなことをしたな」「あんなこともあった」「どうしてお別れしてしまったのだろう」
だけどそんな感情もすべて、出会ったから起きたこと。そんな大切さを教えてくれた、あるママのブログがあります。

「娘の誕生日。」

今日家に帰ったら、娘を出産した産婦人科から
お誕生日おめでとう!のプレゼントが届いていました。

亡くなったと報告してなかったな・・とふと思いました。

そして、中を開けてみたらサイズ110のTシャツ。

そっか、こんな大きな服を着れるようになるんだなぁ。1歳だもんなぁ。と
物思いにふけました。

亡くなった7月1日ばかりを意識して、そういえば1月4日の誕生日の事を意識してなかったな最近。

もうすぐ1歳になるんだな。
出産からもう1年か。。。とかいろんな思いがあります。

スクリーンショット(2015-01-13 23.37.42)

この世に生まれた記念日は、1月4日。

人生を全うしてお空に戻ったのが7月1日。

どちらも私たち家族にとっては大切な日なので、娘をいつも以上に思いながら過ごしたいと思います。

立ち直るとか乗り越えるとか、そんな事ではないので一生「もう大丈夫!」みたいな状態ではない。
ふとした瞬間に号泣することもあるし、1日中気持ちが落ちることはこの先もあるかもしれない。

でも、現実としてすべてを受け止めているので、娘の母であることを誇りに前を向いていくしかない。
きっと、どんな状況でも前を向くことが出来るからこそ娘は私を母として選んでくれたんだと思う。
そう思いたい。

だからこそ、永遠に「自慢の母(ママ)」でいれるように人生を楽しめる自分でいます。

お地蔵さんにいつも手を合わせに行ってるのですが、今日は別の場所のお地蔵さんにも会いに行きました。
なんだか丸っこくて小さなお地蔵さんの姿が娘と被ります。

どうか、天国で幸せに過ごしていますように。

娘の名前は、haruちゃん。ママの名前は、MIEさんこと田中美帆さん。
主婦業と共に「関西美活サークル」などの活動も積極的に行う女性です。
活動的な彼女のブログには他にも、元気がもらえる言葉がたくさん綴られています。

スクリーンショット(2015-01-13 23.57.43)

「会いたいな。」
会えるのは、あの世に私が数十年後行った時。
絶対会えるなら、それまでは楽しく人生を全うしていきたいなと思う。

私が健康でないと何も始まらない。
やってあげたいこともやってあげられない。

ママとして、主婦として、女性として前向きに活躍する姿に、憧れますね。
実は彼女、過去には「あいのり」というTV番組にご出演されていた経歴も。(MIEというニックネームを覚えている方も多いのでは)いつの時代も輝く女性は、本当に素敵です。

■出典:田中美帆オフィシャルブログ
こちらの記事は、ご本人の了承を得て掲載させていただきました。ご協力頂き、誠にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです