「いいな」を届けるWebメディア

社会 雑学・ライフハック

2015年09月06日 更新

【ご存知ですか?】意外と身近にある「臓器提供」意思の表示方法

脳死後または死後生きた臓器を他の生体に役立てる「臓器提供」

2010年の改正臓器移植法の施行以降、臓器提供希望者の意思が、より尊重されるようになりました。

臓器提供に対する考えは人それぞれですが、もし、自分の万が一の時には臓器提供したいという場合、その意思を明示しておくと、その意思は無駄にならないようです。

意外と身近にある提供意思の表示方法をご紹介します。

インターネットでの意思登録

(公社)日本臓器移植ネットワークによるインターネット登録
個人情報の仮登録の後、送付される仮カードを元に本登録をする事ができます。(仮登録時点での控えをプリントしたものも、「意思表示カード」として有効です)

https://www2.jotnw.or.jp/sp/ (別ウインドウでリンク先が表示されます)

健康保険証・運転免許証への意思表示欄利用

すべての保険証や免許証にある訳ではないようですが、比較的新しく発行されたものには「意思表示欄」のあるものが増えてきています。

zouki1

zouki3

臓器提供意思表示カード/シール

厚生労働省と(公社)日本臓器移植ネットワークが発行する「臓器提供意思表示カード」は、下記の場所において「カード/シール付きリーフレット」の入手が可能です。

zouki2

・都道府県市区町村役場窓口
・保健所
・全国の労働局(ハローワーク)
・運転免許試験場(センター)
・運転免許の更新ができる警察署
・コンビニエンスストア(全国のローソン・セブンイレブン・ファミリーマートなど)
・大手スーパーマーケット(全国のイオン・ダイエー・イトーヨーカドーなど)

その他の配布場所はこちらからご確認頂けます。

ご本人が提供の意思表示をされていない場合も、ご家族が希望すれば、提供が可能になる場合があります。
ご本人の意思を尊重するために、提供する/しないの意思をご家族と確認をしておく事も大切です。

本記事は、「(公社)日本臓器移植ネットワーク」のwebサイトの情報を基に執筆しました。

出典:hootnw.or.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです