「いいな」を届けるWebメディア

感動

2015年09月06日 更新

戦死した夫へ“本当の気持ち”を書いた80代女性のラブレターに胸が打たれる。

ラブレターを書くのは緊張するし、恥ずかしい…でも本当の気持ちを表現したからこそ、相手に届くものですよね。
HIRO95_yuubaenokage500-thumb-1500x1000-5916

80代のタケさんが本当の想いを届けたかったのは、戦死した旦那様宛。

あるイベントをきっかけに綴ったラブレターには、「戦地の夫へ出す当時の郵便には検問があったので、そのころ書けなかった想い」が書かれていました。

天国のあなたへ 
秋田県 柳原タケ

娘を背に日の丸の小旗を振ってあなたを見送ってからもう半世紀がすぎてしまいました。

たくましいあなたの腕に抱かれたのはほんのつかの間でした。

三十二歳で英霊となって天国に行ってしまったあなたは今どうしていますか。

私も宇宙船に乗ってあなたのおそばに行きたい。

あなたは三十二歳の青年、私は傘寿を迎えている年です。

おそばに行った時おまえはどこの人だなんて言わないでね。

よく来たと言ってあの頃のように寄り添って座らせてくださいね。

お逢いしたら娘夫婦のこと孫のことまたすぎし日のあれこれを話し思いきり甘えてみたい。

あなたは優しくそうかそうかとうなずきながら慰め、よくがんばったとほめてくださいね。

そしてそちらの「きみまち坂」につれていってもらいたい。

春のあでやかな桜花、

夏なまめかしい新緑、

秋ようえんなもみじ、

冬清らかな雪模様など、

四季のうつろいの中を二人手をつないで歩いてみたい。

私はお別れしてからずっとあなたを思いつづけ愛情を支えにして生きてまいりました。

もう一度あなたの腕に抱かれてねむりたいものです。

力いっぱい抱き締めて絶対はなさないで下さいね。

出典:http://www.geocities.jp

こちらの文章は、1995年のバレンタインデーに秋田県二ツ井町が主催した「第1回日本一心のこもった恋文」に応募され、大賞をとった恋文。夫の淳之助さんは結婚2年目で出征し、日本に帰らぬまま戦死したそうです。
文中のきみまち坂とは、秋田県立自然公園に実在する場所です。

検問を通った当時の郵便物は、どんな文章を綴っていたのでしょうか。そしてその文章の中に、どんな想いをこめていたのでしょうか。

このラブレターが書かれたのはもう十年も前のことですが、何十年も経ってやっと書いた本当の気持ち。
ずっと胸の中にあった手紙、旦那様にぜひ届いてほしいと願ってしまいます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです