「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2015年09月27日 更新

【解説動画付き】腰痛から肩こり、視力回復まで!家ですぐ出来る7つのストレッチ

こんにちは。

毎日の仕事や運動などで、いつの間にか、体調が悪くなっていませんか?

今回は、すぐに今日から始められて、「カラダの調子」を整えられる「裏技」を7つ集めてみました。

肩こりから腰痛改善、眠気覚まし、視力回復までどれも役立つものばかり。

解説動画もついていますので、早速試して体をいたわってあげてくださいね。

1. 腰痛改善ストレッチ(296秒)

長時間のデスクワークで、腰に負担を感じていませんか?

簡単に出来て、腰痛に効果的なストレッチの解説動画です。

メニュー

1. 腰ひねりストレッチ・・・左右各20秒キープ×2~3セット
2. ひざ抱えストレッチ・・・20秒キープ×2~3セット
3. 腰反り&腰伸ばしストレッチ・・・【各15秒間キープ×5回】×2~3セット

2. 肩こり解消30秒ストレッチ(あべこべ体操)(481秒)

同じ姿勢で毎日パソコンに向かい続けると、どうしても肩がこってしまいます。

肩こりは日常生活の中での、ストレス反応のひとつと言われています。

そんな肩こりを解消するために、同じ姿勢が続きそうな時に行うと効果的なストレッチ方法です。

3. 視力回復トレーニング(354秒)

こちらは特に、パソコンを見続けるなど、目に負担がかかりがちな人にお勧めです。

たった5分で視力が一気に回復する、と話題になったトレーニング方法。

メニュー

1. 目を強くつぶり10秒上を見る
2. 目を強くつぶり下・右・左と10秒繰り返す
3. 指の先端を目で追う運動 (顔は動かさない)
4. 指を奥から手前へ3回動かして目を追う

メジャーリーグでも取り入れられているトレーニング法だそうです。

4. ロングブレスダイエット(348秒)

呼吸だけでやせられるという過去に話題になったダイエット手法。

ゆっくりと鼻から息を吸い込んで口から吐き出すという胸式呼吸を時間をかけて行います。腰痛対策にも効果的です。

メニュー

1. 足をクロスさせて立つ(おしりにえくぼを作る)
2. 後ろ足に体重の90%をかける
3. 息を大きく3秒で吸って、7秒で吐きつづける(10秒)

5. 眠気解消ストレッチ(306秒)

昼下がりの時間帯は、どうしても眠たくなってしまうもの。

そんな時にオススメしたいのが、コーヒーでもなくカフェインでもなく、もっと健康的な「眠気解消ストレッチ」です。オフィスでも、さりげなく出来そうで良いです。

メニュー

1. 肩上げストレッチ・・・10回×3セット
2. 体側伸ばしストレッチ・・・左右各15回秒キープ×3セット

6. 1日6分で腹筋を割る筋トレ (328秒)

なかなか運動する時間がないけど、お腹周りは引き締めておきたい!

そんな人には、このトレーニングがオススメです。

実際にやってみると本当にキツいのですが、腹筋が鍛えられているのがわかります。

メニュー

1. ひざを上げる20回(knee ups)
2. 脚を上げる20回(leg raises)
3. 脚で漕ぐ20回20回(cycles)
4. 休憩 10~20秒
5. 逆腹筋20回(Reverse crunch)
6. 脚を置いて腹筋20回(Leg on Couch Crunshes)
7. お尻を押し上げる20回(Hip Thrusts)
8. 休憩 10~20秒
9. 左右交互に腹筋20回(Cross Crunch)
10. 腕伸ばし&タッチ20回(Reach and touch)
11. 脚を交差させての逆腹筋20回(Cross leg reverse crunch)

7. 【おまけ】鼻づまり解消法

鼻がつまっていると、イライラして集中力もダウンします。オフィスでも、すぐ出来る裏技をご紹介します。

鼻づまりを治す6ステップ

1. 深く息を吸う
2. 吐く息がなくなるまで、ゆっくりと息を吐く。
3. 鼻をつまむ。
4. 頭を上下にゆっくりと動かす。空を見て、地面を見るまで2秒くらいのスピードで。
5. これをもう息が必要という、ぎりぎりのところまで続ける。
6. 鼻づまりが解消した、空気の通う鼻呼吸を楽しむ。

もちろん個人差やコンディションによる差はあると思いますが、結構スッキリできたという人も多いのではないでしょうか。

いかがでしたか?

毎日少しの時間だけでも、カラダを労ってあげたいものです。

是非、動画を参考にして、挑戦してみて下さいね。

【身体を柔らかくしたい人にオススメのストレッチ方法も解説!】
「体が硬い人でも必ず開脚が出来るようになるストレッチ方法」がスゴイ – FEELY

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです