「いいな」を届けるWebメディア

社会

2015年09月08日 更新

固定概念や価値観をとっぱらう、「いろんな愛」を映すX線スクリーン

「偏見のない世の中を」

とは言いながらも、知らず知らずのうちに自分の固定概念を優先してとらえてしまいがちなときがあります。
人種や年齢、性別、宗教、障がい…だけど本当にそうなのでしょうか?

そうした価値観による潜在意識をなくしたいと、アメリカの「lovehasnolabels」が、こんなビデオを制作しました。

love has no labels

大きなスクリーンに映し出された映像に映しるのは、人の骨組のみ。

誰かがスクリーンの向こう側の人々は楽しそうに踊り、愛し合い、見ている側も楽しい気分にさせてくれるものばかりです。

05
このダンスを踊る二人はどんな人でしょうか?

09
愛し合う二人はどんな人だと思いますか?

08
この家族はどんな姿をしているのだろう?

そんな風にみんなの注目を集め、スクリーンから現れたのは…

「女性同士だから」「障がいを持っているから」「肌の色が違うから」そんな固定概念をとっぱらってくれる、アメリカのとても前向きなイベントです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです