「いいな」を届けるWebメディア

感動

2015年09月08日 更新

【街中の優しさにジンとくる】耳の不自由な青年のため、隣人たちがこっそりと手話を学んでサプライズ!

「私たちの夢は、障がいを気にせず、平等な世界をつくること」

その願いを叶えるためにサムスンが作った、新しいコールセンターのプロモーション動画が、とても感動的だと話題になっています。

この動画の主人公はMuharremという男性。彼は耳に障がいがあり、普段は手話でコミュニケーションを取ります。

スクリーンショット(2015-03-20 15.55.22)

そんな彼を驚かせようと、サムスンが数ヶ月前から街の人々に声をかけ、賛同してくれた大勢の人へ手話を教えていました。

スクリーンショット(2015-03-20 16.10.55)

スクリーンショット(2015-03-20 16.11.03)

そしてサプライズ当日。Muharremがお姉さんと家を出て街を歩いていると、

スクリーンショット(2015-03-20 16.11.17)

スクリーンショット(2015-03-20 16.11.33)
街ですれ違った人、

スクリーンショット(2015-03-20 16.11.59)
お店の主人、

スクリーンショット(2015-03-20 16.12.13)
落とし物を拾ってあげた人、

スクリーンショット(2015-03-20 16.13.03)
ぶつかってしまった女性、

スクリーンショット(2015-03-20 16.13.22)
タクシーの運転手まで…

行く先々ですれ違う人たちが、みんな手話で彼に話しかけてくれるのです。

スクリーンショット(2015-03-20 16.13.31)
「彼らはどうして手話を知っているんだ?そもそも何故僕の耳が不自由なことを…」と、何とも不思議そうな表情をする彼。タクシーを降りた先で彼の前に現れたのは、大きなスクリーンに映る女性。

スクリーンショット(2015-03-20 16.13.52)

スクリーン越しにMuharremの名を呼び、サプライズの想いを伝えると、一斉に人々が集まり、種明かしを始めます。

スクリーンショット(2015-03-20 15.55.12)

スクリーンショット(2015-03-20 15.55.06)

スクリーンショット(2015-03-20 16.23.23)

彼は、街のみんなの優しさに思わず涙をこぼして感動します。

ぜひ動画でその様子をご覧ください。

伝える手段さえあれば、コミュニケーションを取ることは難しくありません。このような活動が広がって、どんな人も過ごしやすい世の中が出来上がっていくことを、願ってやみません。

■この企画の元となったサムスンのホームページ「duyan eller」もぜひご覧ください。
こちらでは耳が不自由な方に向けた、コールセンターの新しいカタチを展開。是非今後も、こうした活動を広めてもらいたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです