「いいな」を届けるWebメディア

社会

2015年09月06日 更新

【同性愛について考える】好きの気持ちを繊細に表現した、“好き”に変はない展

2015年4月1日より東京都渋谷区で施行された、同性カップルにを結婚に相当する関係と認め「パートナー」の証明書を発行する条例。

全国でも例のない動きに、たくさんの方が注目しています。
でもみなさん、「同性愛」についてどのぐらいの知識がありますか。

身近にそういう方が存在しないと、なかなかその気持ちを知る機会は少ないのかもしれません。だからこそ、そんな同性愛の気持ちを表現した、ある写真展の作品を見てほしいのです。

たったひとりを好きになっただけで、たくさんの人から嫌われた。
product-1

出典:http://sukiten.jp

両想いになってからが、難しい恋愛がある。
product-2

出典:http://sukiten.jp

好きな人と、手を繋ぎたいと思う。この気持ちは変ですか?
product-3

出典:http://sukiten.jp

同性を好きになる人は、じつは左利きの人と同じくらいいる。
product-4

出典:http://sukiten.jp

男のコと付き合えば、男性が好きになれると思った。でも、変わらなかった。product-7

出典:http://sukiten.jp

ゲイの友だちができた。ふつうにいいやつだった。
product-9

出典:http://sukiten.jp

同性結婚式がニュースになるのはうれしい。でも、いつまでもニュースになるのは悲しい。
product-10

出典:http://sukiten.jp

“好き”に、ふつうも変もありません。
人の数だけ、好きのカタチがあるのですから。

出典:http://sukiten.jp

あなたはこのメッセージや作品を見て、どう思うのでしょうか。

写真を撮影したのは、以前feelyでも紹介した青山さんの作品。2015年の2月に新宿で開催された“好き”に変なない展の一部の作品で、こちらのサイトで全作品が閲覧できます。

また、ツイッターでは「#好きに変はない展」で、今でもたくさんの人がこの作品のメッセージについて発言を続けています。

日本セクシャルマイノリティ協会サイト

出典:“http://www.nikkei.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです