「いいな」を届けるWebメディア

商品・アイテム

2015年09月06日 更新

世界を変えるか?最短4時間で組み立てられるソーラーパネル付き仮設住宅「Better Shelter」をIKEAが発表

ikea00
スウェーデン発の家具専門店「IKEA」と、難民問題の解決に向けた国際的な活動を担う「UNHCR」が手を組み、最短4時間で組み立て可能な仮設住宅「Better Shelter Housing Unit(ベターシェルター・ハウジングユニット)」を発表しました。

軽量鉄骨と、耐久性に優れた軽量ポリマー製のパネルで構成された仮説住宅。

組み立てる際に余分な工具が必要なく、すぐに組み立てられるIKEAらしい商品です。

このユニットハウスの面積は188平方フィート(約17.5平方メートル)で、5人ほどの人が寝泊まり可能です。そして、従来の仮設住宅より半年ほど長持ちします。

ikea02

組み立ての流れ

1. 骨組みを組み立てる
2. 屋根とソーラーパネルを設置
3. 壁、窓、ドアを設置

ikea01

シェルターの屋根には、ソーラーパネルが設置されており、Better Shelterに付属するランプやUSBコンセントに電力を供給することができます。

ikea03

背景

UNHCRの調査によると、シリアで続く内戦により約400万人以上の人々が難民となり、家に帰られない状態です。

Dollo Ado, Refugees

その人々は、近隣諸国やヨーロッパへ移民しようと試みており、その難民問題を解決するために制作されたのがこのシェルター。

なお、既にUNHCRが難民キャンプの家族のために、1万個のBetter ShelterをIKEAから購入しており、2015年夏までに各地の難民キャンプに送る予定となっています。

Dollo Ado, Refugees

ikea06

内戦が生じた国だけでなく、これから生じるであろう自然災害で苦しむであろう多くの人々の暮らしが、このシェルターにより劇的に改善するかもしれません。

今後も「Better Shelter」の動きに注目していきたいと思います。

Better Shelter
ikeafoundation
dwell.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです