「いいな」を届けるWebメディア

動物 社会

2016年11月04日 更新

【ひとつでも多くの命を救いたい】プロの写真家が撮る、捨て犬たちの”お見合い写真”大作戦

アメリカ・ユタ州の動物保護シェルターで、捨て犬たちを新たなご主人に巡り合わせるための素敵な取り組みがされていました。

dog0

頑張ってお澄まし顔をしているラブラドール。

こちらは、動物保護シェルターの捨て犬たちの愛らしい魅力を最大限に引き出したスチール写真。
その写真をSNSに掲載し、広く飼い主を募るという「お見合い写真」作戦が大きな成果を上げています。

黒い犬シリーズ

黒い犬は引き取り手が現れる確率が低く、殺処分されてしまう割合が高いと言われています。
その悲しき現状を打ち砕くべく撮影されたのが、この黒い犬のシリーズです。

dog6

dog4dog7

黒い犬黒い背景の前で撮影することで、艶やかで美しい毛並みや、つぶらで可愛い瞳の輝きを際立たせています。造花のアクセサリーでドレスアップした黒い犬たちの表情はどれも生き生きして見えます。

キュートな表情シリーズ

シェルターにいる犬たちのキュートさが際立つ一瞬の表情を捉えた写真シリーズです。
写真には、動物保護シェルターのスタッフが犬の特徴をユーモアまじりに書き添え、彼らを家族へ迎え入れるのにイメージを膨らませやすくしています。

dog3

ホリーは、3歳のバセットハウンド。
ビリー・ホリデイのような低音の遠吠えは、それを聞いた誰もが彼女の言いたいことに耳を傾けたくなる魅力を持っています。
長いまつげとぱっちりとした目のブリっ子な上目使いがたまりません。よく訓練された犬です。

dog2

チーフは、6か月のミックス犬。
彼は誰とでも仲良くお話しするのが大好き!と言っても心配しないでください。あなたの秘密をバラすおしゃべりな犬ではありません。
日々の遊びやしつけに熱心な家族なら、スイートで人懐っこい彼にピッタリでしょう。

dog1

レディは4歳のドーベルマンピンシャー。
女神のごとき佇まいが、アートのモデルのようです。しかし、実際は人懐っこくすぐに仲良くなれます。
ドーベルマンは、温厚で忠実、そしてスマート。訓練しがいのある犬種です。

この取り組みを牽引する動物写真家のグィネヴィア・シャスターさんは、「シェルターの犬達に興味を持ってもらうために、写真ができることをいつも考えています。」と語ります。

動物の「お見合い写真」はアメリカ国内で話題になり、後に続く動物保護シェルターが増えているようです。

少しでも多くの犬たちが温かな家族と巡り会い、幸せに暮らせるよう願って止みません。

出典:boredpanda.com

出典:getleashedmag.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです