「いいな」を届けるWebメディア

コラム

2015年05月20日 更新

人生が便秘みたいにパンパンで辛かった著者の「減らせば、増える」法則

あれも、これも…毎日やることがたくさんある…。そんな悩みに疲れてしまったとき、いっぱいイッパイになってしまったとき、ありませんか。

AL202syazai220140830165542500-thumb-1200x800-5396

出典:https://www.pakutaso.com

ならばぜひ、earth in us.のブログに投稿された「ミニマリスト(最小限主義者)」の生き方を参考にしてみてください。いらないものを極限まで捨て、大切なもの1つに集中するという考え方で、生活をシンプルで快適なものへと導いてくれます。

ミニマリズム(最小限主義)の8つの目的
1.仕事の量を減らし、質を向上させる
2.外からの情報をへらして、内から自分を知る
3.あなたのしたいことのできる自由をふやす
4.あなたの心を満足してくれる時間をふやす
5.大事なことのために、「余白」を用意しておく
6.心配をへらして、「楽しめる心」になる
7.ガラクタをへらして、植物やアートを楽しむ
8.害をへらして、回復力をたかめる

出典:http://www.earthinus.com

さて、これを踏まえて「減らす」ことで、実際に「増えた」変化がコチラです。

・お客さんを減らしたら、深くケアできるようになって売上が増えた。
・ウェブサイトのテーマを最小化したら、ユニークユーザーが増えた。
・興味分野を減らしたら、もっと濃く勉強することができた。
・夢を数を減らしたら、行動をおこせるようになった。
・家の中のものを減らしたら、掃除が楽で部屋がキレイになった。
・パソコンのソフトを減らしたら、サクサク動くようになった。
・発言を減らしたら、注目されるようになった。
・友だちを減らしたら、友だちつきあいが楽しくなった。
・スケジュールを詰め込むのをやめたら、アイデアがひらめくようになった。
・チャンスをあれこれ追うのをやめたら、地道な努力ができるようになった。
・本棚ごと捨てたら、新しい知識を勉強する気になった。
・テクニックを思いきって捨てたら、のびのびできるようになった。
・説明を減らしたら、もっと質問されるようになった。
・情報を減らしたら、頭がはたらくようになった。
・選択肢を減らしたら、迷わなくなった。
・未来と過去に悩むのをやめたら、今に注力するようになった。

これは…毎日がかなり良い方向へ向かったのでは。あくまで「いるもの」ではなく、「いらないもの」を減らすという考え方で起きる変化。これなら「減らせば、増える法則」も大納得です。

今の世の中、日常的に発生する「欲しい」の多くは、すぐ手に入る状況にあります。だからこそ、一度減らしたり、捨ててみる必要があるのかもしれません。すべてがそうとは言い切れませんが、著者の結果をみると、自分でも実行してみたくなりますね。

出典:http://www.earthinus.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです