「いいな」を届けるWebメディア

コラム

2015年09月06日 更新

たった3行、されど3行。愛情を表す「3行ラブレター」が心に響く(35通)

3gyou

2009年より日本語文章能力検定協会が、毎年開催していた「心に響く三行ラブレター」というコンテスト。

三行ラブレターは、3行(60文字以内)という短い文章で、大切な人に愛情や想いを伝えるという企画。

日テレ「人生が変わる1分間の深イイ話」で話題になり、知っている方も多いかとは思いますが、その作品の中でも心に響く懐かしい想いになれる作品をいくつかご紹介します。


「まだ彼氏と続いてるのか?」と探る父。
「まだ続いてるのか。。。」落ち込む父。
お父さん、そろそろ心の準備をお願いします。

24歳女性


お前ほんまあほやなー」って笑う
君の笑顔が見れるなら
うちはいくらでもあほになるで。

2011年、高校生部門優良賞


お父さん、
子供らも巣立ち2人になりましたね。
また、しょうちゃんと呼んでもいいですか?

2011年、一般部門優秀賞

もし天国で僕を見つけても
どうか知らんぷりでいて欲しい
今度も僕からプロポーズしたいから

53歳男性


試合前に緊張している私に
「がんばって」とあなたが一言
別のドキドキがくわわりました

15歳女性


「がんばれ!」と背中を押したのも
「がんばらなくていい」と抱きしめてくれたのも
あなたでした。

25歳女性


メールがきた、今何してんの?って 
ぼーっとしてるって返した  
君のメール待ってたなんて送れへんよ

18歳男性


ハワイの海とかローマの遺跡とか
そんなの誰と行ったって楽しいでしょう
駅前の商店街で幸せが湧いてくるのはきっとあなたとだけね


分娩室から出たら父がいた 
「よく頑張ったね」頭をぐしゃぐしゃになでてくれた 
いつぶりだろう 母親になった直後 娘になった

28歳女性


同窓会で 元彼と話した
「あの時ホントは…」
今だからできる せつない恋の答え合わせ

26歳女性


めての遠距離恋愛。
会えるのは嬉しいけど、会いたくない。
だって、また離れ離れになるから。

埼玉♂×広島♀


「また 会え…ますか?」
敬語が今の
私と彼の距離

34歳女性


妻よ 
愛してるなんて言えないけれど 
俺より先に死んでくれるな

79才男性


あなたの顔にそっくりな息子を
性格もそっくりに育てたい、そしたら
私のような幸せ者がもうひとりできるかな…

30歳女性


デートから家に送ってもらった時
「また明日」はお互い言わないね
一人になるのがさびしいから

大好きさん


帰り道 
雪の中に残る君の足跡に 
僕の足をそっとかさねてみる

18才男性


おみくじは凶だったけど 
こんな彼女と初詣している俺は 
限りなく大吉だろ、神様。

love

出典:Photo5_red_ribbon


どんなに想いを言葉にしても白い息とともに消えてしまう
それならいっそ 雪になりたい
あなたの上に舞い降りる雪になりたい

18歳女性


寒くてね 眠れない 赴任地の夜
羊なぞ数えてみても
君が迷い込む

47歳男性


ずっと大好きな君から「付き合って」…
といわれただけど僕は断った…
亡くなった友達が…君を好きだったから

12歳


君のしかけたイタズラに
僕はわざと ひっかかるんだ
だって君の笑顔がみたいから

15歳男性


父ちゃんのデカすぎる背中。
俺の方が20cmも背が高いのにな。
その大きな背中が俺の目標だから。

2011年高校生部門優良賞


先輩に初恋してから早2年。
あなたの卒業式で私は今までにないくらい泣いちゃった。
今更でもいいから気づいてよ。今でもずっと好きだということを。

14歳女性


朝おきて、誰もいない台所に
ポツンと置いてある、まだ温かいお弁当。
もう少し早く起きたら、ありがとうと言えたのに。

17歳男性


お風呂から 今夜も聞こえる
少し調子のはずれた、あなたの歌声
いつの間にか一緒にハミングしてる私に気づく

46歳女性


したことのないダイエット、聞いたことのない曲
努力はたくさんした
たりなかったのは想いを伝える勇気。

21歳女性


君とわかれて新しい恋いをさがしてる
でもなんでだろう全然君以外の子を好きになれない
きみが一番だったから

すさん


今でも大好き
けどきみから男みたいって言われた瞬間
失恋しちゃったんだ

しつれん


突然この世を去った君
寂しくて会いたくてすぐ行きたいけどもう少し仕事をさせてくれ
昔みたいに遠距離恋愛の始まりだな

70代男性


おじいちゃんのまくら、おじいちゃんのにおいがするよ。
おるだけで楽しかった。あのヤモリおらんなったよ。
もっと遊びたかった。

2011年、小学生部門優良賞


小さなことで泣くなと母さん
泣きたい時は泣きんさいとおばあちゃん
どちらも私の心の糸がほどけた瞬間でした

2011年、中学生部門優良賞


君とまたこの廊下ですれ違う
今日こそはと思ったのに
手の中には勇気を出して書いた紙

2011年、中学生部門優良賞


仕事から家に帰ってきてすぐ風呂に入る父さん。
「ハァーッ」っという父さんの声が聞こえてくる。
父さん、毎日お仕事おつかれ様。

2011年、中学生部門優良賞


久しぶりに家に帰った夜ごはん。
母が作ってくれたハンバーグ。
ちょっとこげていても一つ残さずペロリ。

2011年、高校生部門優良賞


家族の目 独占している君だけど
うちのとこにもかけてきて
そのムニムニほっぺをつまませて

2011年、中学生部門優良賞


携帯にメールが届く
「ドキッ」としてメールを見る。
でも、君じゃない

2011年、高校生部門優良賞

甘酸っぱい想い出や、過去の切ない記憶が引き出されました。

たった3行という短い文章ながら、相手への思いがしっかりと感じられる言葉の数々。

みなさんも、大切な人へ送ってみてはいかがでしょうか。

3行ラブレターは、日テレ「人生が変わる1分間の深イイ話」公式ページから応募することもできます(2015年4月27日現在)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです