「いいな」を届けるWebメディア

感動

2015年11月03日 更新

【貧しい花売りと紳士な男性の物語】ニューヨークの地下鉄で起こった出来事に心が震える

ニューヨークの地下鉄で起こった「とある男性と貧しい花売りの女性の物語」が世界中で話題です。

rose

地下鉄の中でバラの花を売る女性。

彼女は売れ残った140本のバラを抱え、電車の中で座っていました。

そこに現れた1人の男性。

バラ売りと男性のやりとり

男性「バラの値段は?」

女性「バラの値段は1本1ドルよ」

男性「バラは何本あるの?」

女性「140本よ」

男性「140本だから140ドルでいいですか? 全部ください。」

女性「え…?いまなんていったの?」

予想外の出来事に、彼女は聞き返します。

男性「140本全部、欲しいんです」

と男性は笑顔で答え、140ドルを女性に手渡しました。さらに男性はお願いをします。

男性「そのかわり、お願いがあってこのバラを乗客のみんなに配って上げてくれませんか?」

女性は、この予想外の出来事に、胸が熱くなり思わず目から涙を流します。

男性「そんな風にならないでよ!今日は幸せな日なんだからさ!」

そういって男性は電車から降りていきました。

その後、彼女はしばらく泣き続けます。そしてしばらくして女性はこういいました。

女性「無料のバラよ!自由持ちかえって!」

映像(バラ売りと男性の物語)

この出来事に、車内はほっこりとした雰囲気に包まれました。この日、男性は何かいいことがあったのでしょうか?

この映像がネット上にアップされ、世界中の人の心を動かし続けています。みているこちらまで幸せな気持ちになれる素晴らしい映像でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです