「いいな」を届けるWebメディア

社会

2015年09月06日 更新

【あなたはそれでも激安Tシャツを買いますか?】ファストファッションの闇に気付かされる社会実験

流行の最先端アイテムを、驚くような低価格で手に入れることができるファストファッション

それは、私達の暮らしの中に根づいて久しく、安価な洋服が大量に店頭に並んでいることが普通になってきています。

しかし、この世界のどこかで、その洋服を仕立てている人たちについて考えた事がある方は少ないのではないでしょうか?

「適正価格」
「価格崩壊」

そんな、ファストファッションの闇に気付かされる社会実験がドイツで行われていました。

実験

ベルリン(ドイツ)の広場に設置された自動販売機。
販売されているのは、2ユーロ(約270円)のTシャツ。

clo00

ファストファッション店でもなかなか出会えない安さに、人々は嬉々として自動販売機にコインを投入しています。

コインを投入し、Tシャツのサイズを選択すると、自動販売機のモニターに映像が映し出されました。

・・・そこには、ファッション業界で安価な賃金で酷使される労働者の姿がありました。

clo0

快適とは言い難い環境で、たくさんの女性達が次々と縫製をこなしています。

clo1

その対価は、時給にして13セント(約18円)にも満たない。

clo2

その労働時間は、1日16時間にも及びます。

clo3

そして、映像はコインを投入した人達に問いかけます。

「それでもあなたは、2ユーロ(約270円)のTシャツを買うのですか?」

clo6

「それともこのお金を寄付しますか?」

clo8

clo45

clo7

clo5

思いがけず、ファッション業界の現実を目の当たりにした人達の選択は?

▼ぜひとも動画でご覧下さい。

この動画は、ファストファッションの影に潜む、発展途上国の劣悪な労働環境の改善を目的に活動する支援団体が作成しました。
4月24日は、「ファッション・レボリューション・デー」と名付けられ、世界50ヵ国以上でさまざまなキャンペーン活動が執り行われています。

■Web:http://fashionrevolution.org/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです