「いいな」を届けるWebメディア

アート

2015年05月11日 更新

「手のひらで虹をつかめる不思議な茶室」がある京都の青蓮院門跡が美しい

もし、手のひらで虹をつかむことができたら…?そんな幻想的な出来事を再現した茶室が、京都にあります。

000007

出典:http://www.tokujin.com

国宝「青不動明王」が奉納されている将軍塚青龍殿。標高220mの位置にある青蓮院門跡は、京都市街を一望できる場所としても有名です。

ja

出典:http://www.tokujin.com

そんな観光スポットのひとつに新しく現れたのが、「ガラスの茶室」。

djkjlds

出典:http://www.tokujin.com

本来あるはずの掛け軸や花、畳は、この茶室にはありません。

878dui

出典:http://www.tokujin.com

その代わり床には水に浮かぶ波紋を連想させるような煌めきが広がり、

kls

出典:http://www.tokujin.com

また、この空間と太陽の光がちょうど重った時間だけ天井から七色の虹が現れ、光の花が出来上がるのです。

ncska

出典:http://www.tokujin.com

hdkah

出典:http://www.tokujin.com

この幻想的な空間を生み出したのは、デザイナーの吉岡徳仁さん。京都・フィレンツェ姉妹都市提携50周年記念のために、期間限定で公開されています。

また、青蓮院門はライトアップでも有名な場所です。GWは5月6日までの公開と間もなく終了ですが、定期的に開催されているので次の公開も待ち遠しいですね。

3

出典:http://www.shorenin.com

1

出典:http://www.shorenin.com

4

出典:http://www.shorenin.com

ゴールデンウィークやこれからの季節、京都へ観光の際はぜひ、こちらも観光スポットとして視野に入れてみてください。きっと、素晴らしい思い出を作れますよ。

■吉岡徳仁氏の企業サイト:TOKUJIN YOSHIOKA INC.
■茶室のある青蓮院門跡のサイト:青蓮院門跡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです