「いいな」を届けるWebメディア

CM

2015年05月11日 更新

古代〜現代まで約3000年。変わりゆく「女性の理想体型」を3分で表現した動画がスゴい

毎日ように変わりゆく流行。長い歴史の中で、女性の理想体型も変わり続けてきました。そんな紀元前から現代までの「女性の美しさの基準」を、たった3分で表現した動画が話題となっています。

紀元前1292年~紀元前1069年頃の古代エジプト

スクリーンショット 2015-05-04 20.31.27

スクリーンショット 2015-05-04 20.31.52

体型はスリムで、なで肩、高い腰。そして顔は左右対称が美しい見た目だとされていました。

紀元前500年~紀元前300年頃の古代ギリシャ

スクリーンショット 2015-05-04 20.32.03

スクリーンショット 2015-05-04 20.32.33

理想とされる体型は豊満で、ふくよか。そして白い肌であるほど、女性らしいとされていました。

紀元前206年~220年頃の中国(漢王朝)

スクリーンショット 2015-05-04 20.32.48

スクリーンショット 2015-05-04 20.46.28

ほっそりしたウエスト、透明感のある肌、目は大きく、足は小さく。現代に近い体型が好まれていました。

西暦1400年~1700年頃のイタリア(ルネッサンス時代)

スクリーンショット 2015-05-04 20.33.10

スクリーンショット 2015-05-04 20.33.31

豊満な胸、おなか、お尻。色白で柔らかそうなぽっちゃり体型の女性が増えます。「ヴィーナスの誕生」が生まれた時代でもあり、その絵の体型が色濃く「理想」とされていたようです。

1837年〜1901年頃のイギリス(ヴィクトリア朝時代)

スクリーンショット 2015-05-04 20.33.45

スクリーンショット 2015-05-04 20.33.56

ルネッサンス時代の「豊満さ」の名残はありつつも、ウエストはきゅっとくびれた方が「美しい」とされる時代。コルセットの誕生も、この頃からのようです。

1920年代のアメリカ

胸はあまり大きくなく、髪型もロングよりショート。ボーイッシュな体型が好まれる時代がやってきます。

スクリーンショット 2015-05-04 20.34.10

スクリーンショット 2015-05-04 20.34.56

この時代は第一次世界大戦直後でもあり、ルイーズ・ブルックスという女優が時代を風靡。それまで女性に求められてきた社会的、性的規範を軽視した女性たちを意味する「フラッパー」という言葉も流行しています。

1930年~1950年代のハリウッド黄金期

あのマリリン・モンローが流行を司っていた時代です。

スクリーンショット 2015-05-04 20.35.10

スクリーンショット 2015-05-04 20.35.27

大きな胸にスリムなウエスト、そして豊満なお尻。砂時計のような体型が理想でした。「ボン・キュッ・ボン」の言葉が生まれたのも、この時代の影響ではないでしょうか。

1960年代のスウィンギング・シックスティーズ

マリークワントというブランドにも起用された「ツイッギー」の時代到来。ミニスカート大流行の始まりです。

スクリーンショット 2015-05-04 20.35.40

スクリーンショット 2015-05-04 20.35.51

スカートを美しく着こなす細くて長い足、小枝のようにやせた体型(ツイッギーは小枝の意味)、思春期のようなやせた身体が好まれます。

1980年代はスーパーモデル時代

スクリーンショット 2015-05-04 20.36.15

スクリーンショット 2015-05-04 20.36.41

ほっそりと引き締まった二の腕、ほどよい筋肉と、しなやかな曲線美が好まれ、理想の身長も一気に高くなります。

1990年代のヘロイン・シック時代

極端に細い体型、透明感のある肌、中性的なイメージが流行。この時代をご存知の方、非常に多いはずです。

スクリーンショット 2015-05-04 20.36.50

スクリーンショット 2015-05-04 20.37.03

ヘイロンシックとは、病的な雰囲気を意味し、モデルのケイト・モスがそう呼ばれたいました。

そして現代。(2000年~2015年)

ポストモダン・ビューティーと称された現代は、ぺたんこなお腹に、お尻とバストは大きく。太ももの間には隙間があって、健康的な肌でいたい。それが理想だとされています。

スクリーンショット 2015-05-04 20.37.18

スクリーンショット 2015-05-04 20.37.31

そしてこの時代から、「整形」が増えているのも事実です。

feelyでは以前にも、資生堂が発表した「日本女性の化粧の変遷100年」をご紹介しましたが、生まれた時代が違えば「女性の理想」はまるで違っていたことが一目瞭然。

しかしどの時代の女性も、時代に関わらず魅力的で美しいとは思いませんか?最近では「やせすぎ」が原因で命を落としたモデルもいて、少しずつ「細さ=美」の価値観も変わり始めています。さて、これから女性の理想はどう変わっていくのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです