「いいな」を届けるWebメディア

CM 社会

2015年05月11日 更新

【もっと○○していれば・・・】バッドエンドな交通事故防止のCMにハッとさせられる

日本国内の交通事故での死者数は、年間4,113人
1日平均の死者数は11.26人で、2時間00分に1人が交通事故で死亡していることになります。

nz0

前方に合流車両発見。
けれども、直進車は相当なスピードで走行しています。

このままでは衝突は避けられない。危ない!!!

nz4

すると、なぜか時が止まり、車を降りて改めて状況を把握するドライバー2人。

nz2

「行けると思ったんだ。申し訳ない・・・」

「こちらも、もっとゆっくり走っていれば・・・」

「後ろに息子を乗せているんだ、頼む。」

「このスピードでは衝突は避けられない」

nz1

衝突寸前に双方のドライバーが交わす会話は、取り返しのつかない現実を目の前にした後悔の言葉ばかり。

nz3

そして、2人のドライバーはその後の悲しい結末を知りながらも車に戻るのです。

交通死亡事故の当事者に焦点を当てた衝撃的なCMを制作したのは、ニュージーランドの交通局。

後味の悪い結末は、ニュージーランド国内でも物議を醸したようですが、後を絶たない交通事故を少しでも減らしたいというメッセージは、見た人の心に深く深く突き刺さってきます。

交通事故は、自らを傷つけるだけでなく、ちょっとした気の緩みで家族や他人の人生までも大きく狂わせてしまうのです。

ハンドルを握る手にかかる重みを今一度感じてください。

出典:npa.go.jp

出典:youtube.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです