「いいな」を届けるWebメディア

アート

2015年05月10日 更新

こんなに美しくて食べられる!?平成生まれの職人が作る飴細工

1530525_925151794184075_7672238503580456049_n-1

日本の伝統を感じる東京・浅草で、若き職人がつくる「飴細工」が多くの人を魅了し続けているのをご存知でしょうか。

CCTA0LHUIAEz87L

10941464_721299167967950_8024926718219446159_n

10702211_663948293703038_7766985374900346910_n

浅草飴細工アメシンの代表である「手塚 新理(テヅカ シンリ)」さんは、1989年生まれ飴細工職人。日本随一の技術力を誇る飴細工師として、これまで数多くの飴細工を生み出してきました。

CD_3K6XUMAEqkTA

CD_3K6cVIAA6554

CD5_wW_VIAEmmrB

その技術はご覧の通り、まるで生命を宿したかのように繊細。巧みな美しさは一人、またひとりの心へと記憶を残し、これまで何度もTVや雑誌、ネットでも取り上げられています。

11037471_747211242043409_1402133310574890083_n

CEEGwMgUEAAn4yf

飴細工が見られる機会は、ひと昔前の方が圧倒的に多かった気もします。でも技術は衰えず、むしろより精巧となって語り継がれているようです。

10153263_742064085826181_25816956747884682_n

アメシンでは、オーダーメイドの作品も、商標や著作権に問題がなければ受付可能とのこと。

CD_V-kdUMAAnf5i

CBggf9hUsAEcIn5

ご自身のペットや干支をはじめ、桜などの植物、彼の手にかかればお手の物。

CDQ4Wg_UIAE-4gY

CCdxhpLUsAAqCsv

この記事を見て興味を持った方はぜひ、東京の浅草にある「アメシン」工房へ足を運んでみてください。

CDRX8vhVEAIl7ga

飴細工の製造販売、製作実演、体験教室の開催を実施しているほか、カフェスペースもありますので、素敵な浅草観光になること間違いなしですね。

お弟子さんも随時募集中のようですよ。このような伝統技術が受け継がれていくことを、願います。

■アメシンホームページ:ame-shin
facebook
twitter
※こちらの記事は、アメシン代表の手塚新理さまより許可を得て掲載しています。(画像出典はすべて上記サイトより)記事制作にご協力いただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです