「いいな」を届けるWebメディア

スポーツ

2016年12月05日 更新

ポルトガル語で質問する日本の少年を笑う会場⇒クリスティアーノ・ロナウドが神対応

名古屋の美容機器メーカーMTG社のPRイベントのため2014年7月に来日したクリスティアーノ・ロナウド選手。ポルトガル語で質問した少年にみせた神対応です。

世界最高のサッカー選手と称され、スペインのサッカークラブ「レアル・マドリード」のエースであるポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド選手。

本物のスーパースターであることを感じさせるエピソードが、ツイッターで再び話題になっています。

クリスティアーノ・ロナウド

出典:aszlo Szirtesi / iStock. by Getty Images

クリスティアーノ・ロナウド選手に賛辞が相次いだのは、2014年7月に行われた名古屋に本社を置く美容機器メーカー「MTG」社のPRイベント。

憧れのスーパースターに夢を明かしたサッカー少年、クリスティアーノ・ロナウド選手は素晴らしい心遣いをみせました。

少年がポルトガル語で「夢を叶えるためにはどうしたらいいですか?」と質問。

質問者に選ばれた少年が、準備してきたと思われるポルトガル語で「ロナウド選手とプレーするのが夢です」「夢を叶えるためにはどうしたらいいですか?」とクリスティアーノ・ロナウド選手に質問。

クリスティアーノ・ロナウド選手に思いを伝えるため、一生懸命用意したメモを読み上げます。

するとなぜか、ポルトガル語を話す少年に対して、会場から2回にわたって笑いが起きました。

「OK」、そうつぶやいたクリスティアーノ・ロナウド選手は、毅然とした表情で次のように切り出します。

「なぜ笑うんだい? 彼のポルトガル語は上手だよ」

スーパースターを目の前にし、緊張感とともにポルトガル語で話かけた少年。

そして、少年の心情を推測し、傷つけないように対応したクリスティアーノ・ロナウド選手。

この一言によって、会場は拍手へと変わりました。

これぞ紳士と呼べる振る舞い。

クリスティアーノ・ロナウド選手は、少年の質問に対して最後にエールを贈りました。

「常にプロになりたいと意識し、そのために努力をしてください。

プロになるのは簡単なんじゃないかと思う人もいるかもしれません。

ですが、本当に自分で強い信念を持たないといけません。

一生懸命トレーニングをしてチャンスがあればものにしなければいけません。

日々の生活の中にあるチャンスを生かし、自分の才能を発揮させなければいけません。

僕は11歳でキャリアをスタートさせて、ずっとプロになりたいと夢を持っていました。

16歳でプロになりました。

もちろん、周りのサポートもありました。

でも僕が一番伝えたいことは、自分の力を信じること、そして100%努力すること。

そうすれば夢は必ず叶います」

画像出典:
@cristiano(instagram.com)
記事参照:
クリスティアーノ・ロナウド来日記者会見に潜入!!(youtube.com)
関連記事:
「邪魔するな!」 乱入ファンへのC・ロナウドの神対応がグッとくる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

こちらもおすすめです