「いいな」を届けるWebメディア

ニュース

2015年12月18日 更新

Googleマップでも確認できる!近畿地方の神社を結んだ「大五芒星」がすごい

大五芒星

ネット上で定期的に話題になる話のひとつに「大五芒星」というのがあります。

三重県の伊勢神宮、和歌山の熊野本宮大社、兵庫の伊弉諾神宮、京都にある外宮豊受大神社、滋賀県と岐阜県の県境にある伊吹山を線で結ぶと、一筆書きができる綺麗な「五芒星(ごぼうせい)」が浮かび上がります。

実際にそれらを線で結んだ形が「Google マップ」にも掲載されているのですが、見てみると、そこには精密に考えられたかのように奇麗な「五芒星」が浮かんでいます。

畿内の大五芒星(Google マップ)

「陰陽師が国防上のおまじないでつくった」「平城京を守る為に設定した」「たまたまだ」など色々な説がありますが、1000年以上も前に作られており、そんな昔から緻密に計算されて作られたのか気になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです