「いいな」を届けるWebメディア

社会

2015年12月18日 更新

「透明な飼い主」メキシコのペットショップが行なった里親募集のアイデアがすごい(90秒)

invisible

invisible2

メキシコに200店舗以上ある大きなペットショップチェーンの「+KOTA」のキャンペーンです。

このキャンペーンの目的は、何かしらの理由で捨てられ、その後飼い主が見つかっていない犬の存在を知ってもらい「里親」を募ることでした。

それを解決するアイデアは、犬にある特別な「リード」をつけることでした。このリードをつけることにより、まるで透明人間が一緒に散歩をしているかのように見え注目を集めます。

そして犬の首輪には、「私を飼ってください」と書かれたメッセージカードがついています。さらに、カードの裏には「すべての犬は、飼い主を欲しがっています」と明記され話題を呼びました。

このキャンペーンの結果としては、約2ヶ月間で221頭の犬に飼い主が見つかったということです。すごい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです