「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2016年11月24日 更新

くせになる食感!ネットで話題の簡単レシピ「冷凍卵の黄身漬け」が美味しい

10

今日は、ねとめし(ネットで話題になったレシピ)の1つ「冷凍卵」の黄身漬けの作り方をご紹介します。

去年頃からネットで話題になり、NHKの「あさイチ」でも取り上げられたこのレシピは、味わった人々の心をつかみつづけています。

冷凍卵の黄身漬け

冷凍卵の黄身漬けの調理方法は、生卵をフリーザーバッグに入れて冷凍をし、醤油とみりんに漬けるだけという簡単さ。冷凍させることにより、卵の中の水分が蒸発し、解凍した際には味が以前よりも濃厚になります。

それでは実際に、冷凍卵の黄身漬けを作ってみます。

材料

01

・卵(3個)
・しょうゆ(大さじ1.5)
・みりん(大さじ1.5)
・フリーザーバッグ(1枚)

調理手順

1. 卵をフリーザーバッグに入れて冷凍する(丸1日)

02

03

丸一日寝かせます。

2. 外にだして解凍する(2、3時間くらい)

04

卵にヒビが入っているかと思います。

05

そのヒビを利用して、冷凍卵の殻をむきます。水道などで流しながらむくとむきやすいです。

06

数十分放置していると段々と溶けてきました。

07

3. 卵黄と卵白に分ける

08

あとは手で白身と黄身をわけます。

09

分離させた卵白の使い道

12

今回は分離した卵白を使って、卵焼きをつくりました。

分離させた卵白を捨てるのがもったいないという方は、色々と方法がありますので何かつくってみてください。

余った卵白のレシピ

4. 醤油とみりんでつくったタレにつける

醤油とみりんを合わせた汁に漬け、数分感しみ込ませました。下の写真が完成した「冷凍卵の黄身漬け」です。

冷凍卵の黄身漬けが完成

10

食べた感想

表面は冷たくひんやりしているのですが、噛んだ瞬間口の中で黄身が溶けて広がっていきました。

冷凍卵かけご飯にも

11

冷凍卵を熱々のご飯にかけて食べると、ご飯の熱さと、冷たい黄身の食感があわさって美味しいです。

「とろっ」という、はじめて体験する食感で驚きました。

興味がある方は、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

合わせるとよい食材や調味料

醤油とみりん以外にも、合わせると美味しい調味料をご紹介しておきます。

・めんつゆ(おおさじ2杯)
・大葉などで盛り付ける
・にんにく
・酒

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです