「いいな」を届けるWebメディア

コラム

2015年05月21日 更新

政治家「橋下徹」氏をはじめ、日本の政治家の名言集

大阪市はもちろん、あらゆる地方の方が注目した「大阪都構想」の住民投票。結果は僅差で「反対」票が多く集まりましたが、やはりこの投票で最も注目されていたのが、橋下徹さんではないでしょうか。

CEe5lgFUsAAXarF

出典:https://twitter.com

2015年で政界を引退すると表明されていますが、引退を惜しむ声、弁護士としての依頼がすでにパンク寸前など、多くの人が彼の今後に注目しています。
 
弁護士としてTVで活躍していた時代からその発言が注目されていた橋下さんですが、中でも「名言」とネットでささやかれている言葉の一部を、ご紹介します。
 

少々の努力では誰も気づかない

大阪をニューヨークやロンドンに勝てる都市にする。政治は夢がなければおもしろくない。夢に向かってみなさんと歩みたい。

できることをやっても『変化』に過ぎない。できないことをやるのが『改革』だ。

新しいモノを作るためには一回古いモノを壊さないとダメですよ。

個々の地域の住民が求める幸福の方向に向かって、都市を経営していかなくてはいけない。

勉強もスポーツも大事だが、何より大事なのは挨拶。挨拶さえしていれば何とかなる。

今までの選挙のスタイルというのは、有権者の皆さんにいかに美味しいリンゴを与えるかどうかだったと思うんです。しかし、今度の選挙は美味しいリンゴを与えるのではなく、美味しいリンゴの木がなる土壌や畑をどうつくり替えていくかを、国民の皆さんにしっかり示すべきだと思っています。ただ、畑の耕し方とか肥料を与えるタイミングというのは、なかなか説明が難しい話なんですけどね。

 


 
そして彼の他にも、政治家が残した名言にはこんなものがあります。
 

田中角栄氏

人間は、やっぱり出来損ないだ。みんな失敗もする。その出来損ないの人間そのままを愛せるかどうかなんだ。政治家を志す人間は、人を愛さなきゃダメだ。東大を出た頭のいい奴はみんな、あるべき姿を愛そうとするから、現実の人間を軽蔑してしまう。それが大衆軽視につながる。それではダメなんだ。そこの八百屋のおっちゃん、おばちゃん、その人たちをそのままで愛さなきゃならない。そこにしか政治はないんだ。政治の原点はそこにあるんだ。

 

新井白石氏

今は小さな不名誉であっても、大きくなるに従ってその傷は大きくなる。
大望を抱くなら、目先の功利に走るな。

 

大隈重信氏

道が窮(きわま)ったかのようで他に道があるのは世の常である。
時のある限り、人のある限り、道が窮るという理由はないのである。

 

勝海舟氏

何でも大胆にかからねばならぬ。
難しかろうが、易しかろうが、そんな事は考えずに、いわゆる無我の境に入って断行するに限る。

 

小泉純一郎氏

「勝ち組」「負け組」はいいけれど、「待ち組」は問題。
 

吉田茂氏

大志を抱けば、天下何ものか恐るるに足らず。
 

勝海舟氏

政治家の秘訣は何もない。ただ「正心誠意」の四文字ばかりだ。
 

伊東博文氏

本当の愛国心とか勇気とかいうものは、肩をそびやかしたり、目を怒らしたりするようなものではない。
 
あなたの心に響くもの、今後の政治への関心が変わりそうな言葉はありましたか?政治家の言葉は、少なからずその人の行った政治にも反映されているようにも感じますね。
 
※橋下さんの名言に関して。
今回の投票の主軸である都構想の「賛成」「反対」に関しては、みなさまの個人の意思がそれぞれあるかと思います。そのため、なるべく「政治家として」よりも「自分の生き方にも参考になりそうな」視点の名言を掲載させていただきました。
 

出典:http://meigennooukoku.net http://systemincome.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです