「いいな」を届けるWebメディア

ニュース

2015年06月01日 更新

知らなかったではすまされない!自転車「危険行為」2回以上で講習義務化(6月1日より施行)

2015年6月1日から、自転車の交通ルールが変わります。

「信号無視」「酒酔い運転」など自転車での「危険行為」を繰り返す、14歳以上の運転者に対する講習制度が始まりました。

3年間に2回摘発されると、有料講習が義務づけられるといった内容です。近年、自転車の悪質運転による事故が目立つようになってきたこともあり「危険行為」が明確に規定されました。

kiken

出典:cyclist

目的としては、悪質な運転者に「安全運転の大切さ」に気付いてもらうことだとしています。

取り締まりの流れ

1. 危険行為を警察官に目撃される
2. 指導警告を受ける
3. 従わない場合に「赤切符」が切られる

ブレーキのない自転車を利用したり、酒に酔った状態での運転は、即効赤切符が切られるの可能性もあるのでご注意下さい。

悪質運転「危険行為」の14項目

・信号無視
・通行禁止違反(歩行者用道路を通行する)
・歩行者専用道での徐行違反など(歩行者に注意を払わわない場合)
・通行区分違反(車道の右側を通行する)
・路側帯の歩行者妨害
・遮断機が下りた踏切への立ち入り(警報機が鳴っている際も)
・交差点での優先道路通行車の妨害
・交差点での右折車優先妨害
・環状交差点での安全進行義務違反
・一時停止違反
・歩道での歩行者妨害
・ブレーキのない自転車運転
・酒酔い運転
・安全運転義務違反(携帯電話を使用しながら運転:ながらスマホも対象)

大和警察署 – 改正道路交通法等の一部施行について

講習の内容

講習自体は3時間。交通ルールを理解しているかが問われる内容のテストを受け、その結果に応じて犯しやすい違反や事故の事例を学習します。自転車事故により死亡した人の遺族の手記や運転者の体験談も読むことになります。

講習内容の図

CGVD2-AUQAEWYdU

講習の料金

手数料は5700円となっています。

また、講習の受講命令を無視し、3カ月以内に講習を受講しない場合は、5万円以下の罰金が科されます。

自転車運転者講習の受講命令の要件となる危険行為【14類型】
道路交通法の改正のポイント – 一般財団法人 全日本交通安全協会
cyclist.sanspo.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです