「いいな」を届けるWebメディア

アート コラム

2015年06月06日 更新

【スカートをはかない女性のトイレマーク】ちょっとずつ変わっていく価値観に合わせて。

トイレのマークといえば、赤と青のマークがおなじみですよね。

ですがロンドンのデザインスタジオのメンバーがふと、「現代の女性は、果たしてスカートが主流なのだろうか?」と疑問に思います。確かに、何年も何十年も前の世界では、主な国の女性の大半はスカートをはいて過ごしていました。ですが近年では日本も含めて、みんな日常的にパンツスタイルを楽しんでいますよね。

そして「スカートを履かない女性」のトイレマークをつくったのです。

toilet03

出典:wired.com

トイレマークなどのピクトデザインには「ひとめ見て、誰が見ても意味が伝わる」ものでなければいけません。スカートかズボンの違い以外で男女の差をハッキリとわかってもらうのは大変では?と思いきや、このマークなら赤・青の色分けをしなくても、スカートをはいていなくても男女の差は一目瞭然。実際に展示されたものを見ても、イメージは変わりません。

07-Worldpay-Toilet-Signage-582x437

出典:wired.com

このデザインをしたマンチップさんは「男性・女性の手掛かりとなるものをどんどんなくしていき、そして改めて、男女の特徴を付け加えました。」と語っています。確かに、頭も手もほとんど同じ。腰の位置や立ち方で、男女の差をつけています。

世の中や時代の流れに合わせて、少しずつその時代の価値観に合わせていくこと。とても重要だと思います。このマークは、これから流通していくのでしょうか。楽しみですね。

出典:wired.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです