「いいな」を届けるWebメディア

感動

2015年06月08日 更新

泣く人続出!セリフのない7分間の短編ゾンビ映画「CARGO」が感動的

子供を守る父親の姿が感動的な、とあるショートムービーをご紹介します。

オーストラリア・シドニーにて毎年行われている、世界最大のショート・フィルム・フェスティバル「Tropfest(トロップフェスト)」。

cargo

今回ご紹介するのは、2013年にこの「Tropfest」で最終選考作品のひとつに残った「CARGO」という映像です。

セリフがないのに感動する、7分間のゾンビ映画です。

「CARGO」の概要

もしも、生まれて間もない赤ちゃんを残して自分がゾンビになってしまうとしたら。

目が覚めると、隣にはゾンビと化した妻の姿が。妻に腕を噛まれた主人公は自分がゾンビウィルスに感染してしまったことを悟ります。

そんな絶望的状況の中、父親がとった思いがけない行動とは。

「CARGO」ショートムービー

映像を観た人の感想

・泣いてしまった
・これは良いゾンビ映画!!
・たった7分の映像なのに涙が…
・お父さんいい人すぎる(泣)

など、映像をみた人からの熱いコメントがみられます。

タイトルが「CARGO(ベビーカー)」である理由、父親が自分の手首を縛っている理由、落ちてる肉を拾った意味。それ意味を理解した瞬間、父親の赤ん坊への愛情を感じました。

豪華な俳優陣を起用するわけでもなく、莫大な制作費をかけたわけでもないこのたった7分間ショートムービーは、多くの人の心を動かし続けています。

素晴らしい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです