「いいな」を届けるWebメディア

動物

2015年06月18日 更新

「愛らしい」の意味を持つ名前がついた、深海で暮らすタコ

深海にはいろんな未知の生物が暮らしていますが、とっても可愛いタコの存在をご存知でしょうか?

深海450Mで生まれたいのち。

takochan

8本足のタコが私たちには馴染み深いですが、この深海のタコは、ちょっと違う様子。まるでパラシュートのように体を操って海の中を漂います。

takochan

大きさは17.8cm。1990年以降に採取されたものの、これまで名前がなく、生物形態も謎に包まれた部分が多いままの状態が続いていました。

しかし今回、モントレー湾水族館研究所の科学者たちが名前を考えることに決まり、現在「Opisthoteuthis(メンダコ属)」「adorabilis」(ラテン語で愛らしいという意味)が最有力候補に残っているそうです。

tako

確かにこのフォルム、とっても可愛いですもんね。研究所の公開した正面写真はコチラから。

泳いでいる姿はなんとも愛らしく、見ているとほっこりとした気分になれました。確かにこの姿なら、「adorabilis(愛らしい)」と名付けられるのもうなずけます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです