「いいな」を届けるWebメディア

スポーツ

2015年06月22日 更新

駅員や車掌さんたちで結成!JR九州のよさこいチーム「櫻燕隊」のパフォーマンスと衣装がカッコよすぎる

ouen00

2015年6月13・14日、北海道札幌市で開催された「YOSAKOIソーラン祭り」。

そこに参加していた、JR九州の職員で結成されたよさこいチーム「櫻燕隊(おうえんたい)」がみせた、完成度の高いパフォーマンスと、衣装がカッコいいと話題です。

「櫻燕隊」の2013の映像

「櫻燕隊」とは

「櫻燕隊」は、九州新幹線が全線開業したことをきっかけに、2011年に結成されたチーム。九州各地で開催される祭りやイベントなどに出演していました。

チーム名の由来は、九州新幹線の車両「さくら」「つばめ」にちなんで付けられました。また、かっこ良すぎると話題になったこの衣装は、車掌の制服をモチーフにしているそうです。

メンバーは全員JRのスタッフ

櫻燕隊(おうえんたい)の構成メンバーは、駅員、車掌、運転士、客室乗務員など、普段は別々の場所に勤務しているメンバーで構成されています。ただ、映像を見る限りは、別々の場所で勤務しているとは思えないほどのチームワークで驚きました。

ouen01

「第24回YOSAKOIソーラン祭りU-40」の映像

「櫻燕隊」は、2015年6月13・14日に開催された「第24回YOSAKOIソーラン祭りU-40」において、見事大賞を受賞。見ているだけで引き込まれる、素晴らしいパフォーマンス。

今後も「櫻燕隊」の活動に注目していきたいと思います!「櫻燕隊」のfacebookページなどもありますので、興味のある方はぜひ、チェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです