「いいな」を届けるWebメディア

動物

2015年06月21日 更新

障がいがあっても、私たちはちゃんと猫なの!「I’m still a cat.」の写真が素晴らしい

障がいがあっても関係ない!そんなメッセージをもっと伝えたいと、Monika Małekというカメラマンがある運動をはじめています。

猫を募集します!

CAT

出典:facebook.com

目がみえなかったり、脚がなかったり、耳が聞こえないなどの障がいを持つ猫を募集します。

元々猫の写真を多く撮影するモニカさんはある日、このようなメッセージをネットで発信しました。すると少しずつ「私の猫は障がいを持っているわ」という飼い主さんの知らせが届くようになります。

モニカさんが猫を集い、一体何をしたかというと…

shimba

出典:facebook.com

Mam na imię Simba. Mam 1,5 roku. Nie mam łapy, ale nadal jestem kotem.
(ぼくの名前はシンバ。歳は1歳半で、ぼくには片脚がない。でも僕はまだ、ちゃんと猫です。)

障がいやハンディを持つ猫たちの写真を撮影し、自身のSNSにメッセージ付きで投稿したのです。

orange

出典:facebook.com

Mam na imię Amber. Mam rok i dwa miesiące. Nie mam oka, ale nadal jestem kotem.
(私の名前はオレンジ。1歳2ヶ月よ。私は片目がありませんが、私は、猫です。)

すべての猫の名前と年齢、そしてその子が抱える問題。それから、いつも通りの姿。それは、ハンディを持っていたって何も問題ない。彼らはちゃんと猫として生きている。というメッセージでした。

Sherlock

出典:facebook.com

Mam na imię Sherlock. Mam rok. Nie mam oka, ale nadal jestem kotem.
(私の名前はシャーロット。1歳です。私は目が見えませんが、ちゃんと猫です。)

Citek

出典:facebook.com

Mam na imię Citek. Mam 6,5 roku. Nie mam oka, ale nadal jestem kotem.
(私はCitek。4歳。目は見えないけれど、私は正真正銘の、猫だよ。)

Marcel

出典:facebook.com

Mam na imię Marcel. Mam 8 lat. Mam białaczkę, ale nadal jestem kotem.
(マルセルと申します。8年間生きてきた私は現在、白血病です。だけどまだちゃんと、猫として生きています。)

nije

出典:facebook.com

Mam na imię Lulek. Mam dwa lata. Mam za krótkie łapki, ale nadal jestem kotem.
(名前はニジェールです。2歳ですが、私の脚をみてください。ほら、こんなにも短いですが、私は正真正銘、猫です。)

Kumiko

出典:facebook.com

Mam na imię Kumiko. Mam siedem lat. Nie widzę na jedno oczko, ale nadal jestem kotem.
(私は久美子。7歳で、片方の目が見えません。でも私は、猫よ。)

luh

出典:facebook.com

Mam na imię Rufus. Mam rok. Nie mam ogonka, ale nadal jestem kotem.
(こんにちは、ルーファスと申します。1歳になりました。ご覧の通り私には尻尾がないけれど、私は猫です。)

Cmyk

出典:facebook.com

Mam na imię Cmyk. Mam 5 lat. Nie słyszę, ale nadal jestem kotem.
はじめまして、Cmykです。5歳ですが、私の耳はまったく聞こえません。でも私はちゃんと、猫なんです。

Kiara

出典:facebook.com

Mam na imię Kiara. Mam 9 lat. Mam białaczkę, ale nadal jestem kotem.
俺はキアラ。9歳だ。白血病にかかってしまったけど、ちゃんと、間違いなく猫として生きているぞ。

feelyでは以前、2本の足で生まれてきた「子猫のルー」巨大な瞳のマチルダちゃんなど、障がいを持ちながらもたくさんの人から愛されている猫ちゃんたちをご紹介してきました。

しかしまだまだ、「普通と違うから飼わない」そんな声は少なくありません。でも本当に、違うのでしょうか?この写真に写る猫たちはみんな、他の猫と何にも変わらないですよね。モニカさんが伝えたいのは、そういうこと。

100% kota w kocie.

このプロジェクトに映された猫はすべて

100% kota w kocie.
(100% 猫は猫)

というメッセージが掲げられています。

元々猫の写真を中心に撮影していたモニカさんですが、現在、猫を飼う人からたくさんの声が集まってきています。それらはほとんどが賞賛の声。

「普通の猫と何も変わらないし、むしろずっとずっと可愛らしい!」

「うちの猫も、障がいをかかえているけど、他の猫と何かわりなく、頑張って生きているわ。」

「この運動がもっと広まればいいのに!」

というコメントも写真付きで寄せられています。

モニカさんの写真は日々増えていきます。ぜひfacebookinstagramで、更新をチェックしてみてください。もちろん、このプロジェクト以外の猫ちゃんたちも、たくさんアップされています。

出典:facebookinstagram
※上記サイトより筆者(でじかめ)が翻訳させていただきました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです