「いいな」を届けるWebメディア

ニュース 赤ちゃん

2015年06月22日 更新

【サメに襲われ片腕を失ってもあきらめない】奇跡のサーファー・ベサニーさんが男児出産

11357951_838269186265121_1593409466_n

出典:instagram.com

2003年10月31日ハワイ州カウアイ島にて、当時まだ13歳だったベサニー・ハミルトンさんは、サーフィンをしていたところを巨大なイタチザメに左腕の肩からすぐ下を食いちぎられてしまいます。
全身の60%もの血液を失う大惨事となったものの、本人と周囲の人々の冷静な対処や驚異の生命力により一命をとりとめることができました。
プロサーファーとしての将来を有望視されていただけに衝撃的なニュースとなり、誰も彼女の復活を予想しませんでした。

しかし生まれながらのサーファーであるベサニーさんは、なんと一か月ほどで海に戻り、大会にも出場。
事故の翌年の大会では入賞するという快挙を成し遂げます。
まだ幼い少女が残酷な運命を受け入れて勇敢に前進する様子は、全世界の人々の胸を打ちました。

11377572_1033316986719286_591859992_n

出典:instagram.com

2013年に結婚・・・そして今度はママに

事故から10年後に結婚をし、今月1日にはトビアスくんというかわいい男の子を出産されました。
ここに至るまでには語りつくせないほどの苦労があったと思います。
プロサーファーとしてだけではなく、今後は母親としての姿を通して、また私たちに勇気を与えてくれそうです。

11350833_1136762073017167_1218781622_n

出典:instagram.com

海中のマタニティフォトが幻想的でとても素敵ですね。

11357940_1654571501441071_1612052316_n

出典:instagram.com

まだ生まれたばかりのトビアスくんの足の写真もすごくかわいいです!

ナチュラルで素敵な写真をもっと見たい方はぜひベサニーさんのインスタグラムでどうぞ!

また、この時の体験を基に書かれたベサニーさんの自伝「ソウル・サーファー」を忠実に実写化した映画が、2012年にアナソフィア・ロブ主演で日本でも公開されました。
深刻かつ悲しい事故をストーリーの軸として扱いながらも、ハワイの優しい空気とベサニーさんの周囲の人々の包み込むような愛が漂ってくるようなさわやかな映画になっています。
興味がある方はぜひそちらもご覧になってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです