「いいな」を届けるWebメディア

ニュース

2015年07月01日 更新

「ムーミン」のテーマパークが埼玉の宮沢湖周辺にオープン!(広さは東京ドーム4個分)

「ムーミン」を題材にしたテーマパークが、2017年に埼玉県飯能市の宮沢湖周辺にオープンすることが発表されました。

mumin00

ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの故郷のフィンランドにある”ムーミン ワールド”を除くと、ムーミンをテーマにした施設は今回ご紹介する「メッツア」が世界初進出となります。

テーマパークの概要

mumin02

テーマパークの名称は、フィンランド語で”森”を表す「Metsä(メッツア)」

ムーミン作品のテーマの1つでもある「自然との共生」を体現する場所として、雄大な自然があり北欧のような雰囲気が感じられる宮沢湖周辺が候補地として選ばれました。施設の面積は約18万7000㎡にもおよび、これは東京ドーム約4個分の広さにあたります。

テーマパークには、「Moomin zone(ムーミンゾーン)」と「Public zone(パブリックゾーン)」の2つのゾーンが設置されます。

Moomin zone

mumin03

「Moomin zone」では、ムーミンの物語を楽しむための施設を用意。

世界中のムーミン関連施設を総合的に統合された場所となります。施設やショップ、体験型のコンテンツ、レストラン、芸術施設などで、まったく新しいムーミンの世界が楽しめるゾーンとなっています。

Public zone

mumin04

「Public zone」では、無料で楽しめるような自然を活用した公園を用意。

誰もが無料で日常的に参加できる公園にするとともに、自然を活用したアクティビティを展開する予定だそうです。ジョギングからから散策ができるスポット、湖の遊覧船、北欧料理店などさまざまな施設が設けられます。

施設詳細

① 所在地:埼玉県飯能市宮沢
②面積:宮沢湖(周囲 2.4KM)の周辺土地約 187,000 ㎡(西武鉄道から購入予定)
③アクセス:西武鉄道池袋線「池袋」駅から「飯能」駅まで、特急レッドアロー号で40分

建設地である宮沢湖周辺の映像

原作の故郷を除くと、世界初となるムーミンのテーマパークが日本にやってきます。

北欧のような雰囲気を感じられる場所が日本にできるなんて、今からワクワクしますね。

ムーミン公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです