「いいな」を届けるWebメディア

アート

2015年07月02日 更新

「奈落の底まで続く図書館」など目が離せなくなる「本」にまつわるアートたち

スウェーデンのアートイベントで公開される予定の、本を使ったある作品がとても注目を浴びています。

底なし本棚

died-1

出典:thisiscolossal.com

永遠に続きそうなぐらい深い穴の中をのぞくと、そこには大量の書籍がずっと底の方まで敷き詰められています。こ

died-2

出典:thisiscolossal.com

died-3

出典:thisiscolossal.com

の不思議なアート作品を制作したのは、スウェーデンのアーティストSusanna hesselberg(スザンナヘッセルベルグ)さん。穴を覗き込むと少し不気味にも思えるこの作品は、彼女が自分の父親をなくしたときに作ろうと思ったそうです。

深い深い、漆黒の穴の図書館は「父が亡くなったとき、このライブラリ全体が燃えてしまったかのような、深い悲しみを体験したわ」と話す言葉を、そのまま表現されているようにも思えますね。

この他にも、書籍を使ったアートは意外と多いもの。世界的に話題を集めた作品を、いくつかご紹介させていただきます。本を読むのが苦手な方でも、作品には目が離せなくなってしまうかもしれませんよ。

住居の空間を上手に使った本棚

ph_150413_16-940x619

出典:contemporist.com

ph_150413_17-940x636

出典:contemporist.com

階段部分を利用した本棚。子どもたちの遊び場にもなり、勉強部屋にもなり、インテリアとしてもおしゃれな作品です。

街の小さなフリー図書館

LFL_1_LO_757

出典:stereotank.com

3_photo-4_2000

出典:stereotank.com

2_DSC_7504-reto copy_2000

出典:stereotank.com

こちらはネットでも話題になった、街中にある小さな無料の図書館。好きな本をとって、自分の持っているまた別の本をここに返す。捨てるのではなく、トレードするという発想が、たくさんの人に注目されました。

図書館の庭

mb3

出典:designboom.com

mb1

出典:designboom.com

屋外にある大きな本棚は、イタリアの芸術家マッシモ·バルトリーニがある芸術祭のために特別に考案したもの。巨大な本棚が外に聳え立ち、のんびり日光を浴びながら読書ができるというもの。

本のおうち

8296b1cb6f085750f1a866769bec5560

出典:milerlagos.com/

b65ed7446fd7f7bc85e4a78ee04602f8

出典:milerlagos.com/

9b6882b62e9162f7ec432cc5dec492c2

出典:milerlagos.com/

これはニューヨークで発表された、「home」と名付けられた本の家。人が中に入られるよう組み立てられた形状が面白いですね。

このように、本は読むだけではなく、こんな風にアート作品にも変身してしまいます。装飾やいろんな形がある本は、文字だけでなく、いろんな分野で私たちの感情を刺激してくれますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです