「いいな」を届けるWebメディア

感動

2015年12月18日 更新

「余命わずかな父親とバージンロードを。」11歳の花嫁が贈るサプライズ結婚式に世界が涙

wedding

ある11歳の女の子が、父親に贈ったサプライズが、感動的だと話題になっています。

アメリカ・カリフォルニア州に住むジム・メッツさん(62歳)は、末期のすい臓がんを宣告され、愛する家族と過ごせるのは、あとわずかでした。

彼には11歳になる娘のジョシーちゃんがいましたが、娘の花嫁姿を見るまで、生きていることは不可能だと、あきらめていました。

それを知ったジョシーちゃんは、パパが生きている間に、ひと目でいいから花嫁姿を見せてあげようと、自分の誕生日にサプライズの結婚式を挙げることにしたのです。

その娘の気持ちを知った母親が、二人のために結婚式を開き、思い出を作ってあげようと決めたのでした。

友人であるカメラマンの協力のおかげで、家の裏庭で行われた結婚式には、一流のカメラマン、ヘアスタイリスト、メイクアップアーティストなどが手配し、ウェディングドレスを着てジムさんを驚かせました。

wedding2

wedding3

wedding4

この日招かれた牧師はジョシーちゃんに語りかけました。

「お父さんは、あなたが結婚式を挙げるときにはこの世にいないかもしれません。しかし、今日、確かにここでお父さんはあなたとともに、バージンロードを歩いたのです。」

結婚式を終えて、ジョシーちゃんも「今日が、私のこれまでの生涯で最高の日だわ」と語ったそうです。

感動の結婚式はこちら。

結婚式は、アメリカのニュースでも大きく取り上げられました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです