「いいな」を届けるWebメディア

社会

2015年07月16日 更新

【最初は小さなアザだった】「1年分の自撮り写真」動画がDV被害を物語る

家庭内暴力(DV)、どのぐらいの方が被害を受けているかをご存知でしょうか?

01

女性だと4人に1人が肉体的、性的、感情的のいずれかによって被害に合っているとも言われています。

02
この女性も、そんなDV被害に合っている1人。1日1枚ずつ自分の顔を撮影し、被害が酷くなっていく1年の過程を、動画にまとめています。

「Help me, I don’t know if i will be here tomorrow.」
私を助けて。私は、明日ここにいるのかどうかも分からない。

03
こんなメッセージで締めくくられる動画は、クロアチア共和国で2013年に公開されたもの。

04
「最初はちょっとした違和感だった」そんな小さな被害から少しずつひどくなり、最悪で命を落とすこともあるDV被害。3分の1の被害者は、加害者であるパートナーの手によって命を落としているそうです。私たちにできることは、何なのでしょうか。

他にも「青と黒に見えるドレス」で話題になったドレスを題材にしたDV防止ポスターなど、DV被害を広く知らせる活動が多くみられます。こうして周りの人たちに「DV」という言葉を知ってもらい、「もしかして」と感じることが、ひとつの前身なのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです