「いいな」を届けるWebメディア

スポーツ

2015年05月22日 更新

深さ200mのブルーホールにダイビングする映像

フリーダイビング世界チャンピオンのGuillaume Nery(ギヨーム・ネリー)さんが、ブルーホールにダイブする神秘的な映像です。

ブルーホールは、昔洞窟だった地形が、海中へ水没して穴が空いたように形成された地形のことです。

深さ200mのブルーホールにダイビングする映像

ブルーホールの深さ

このダイブしているブルーホールは、西インド諸島バハマ海底にある、Dean’s Blue Hole(ディーン・ブルーホール)。直径が100メートル、深さ202メートルもある大穴で、世界一深いブルーホールとも呼ばれています。

ダイビングスポットとしても有名

この、ディーン・ブルーホールという場所は、シュノーケリングの名所であり、フリーダイビングの世界大会も定期的に行われている場所で、2012年フリーダイビングの世界大会においてニュージランドのダイバーが121mという世界記録を樹立しています。

それにしても、この暗闇に落ちていく映像は、見ているだけでも恐怖を感じますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです