「いいな」を届けるWebメディア

商品・アイテム

2015年07月24日 更新

【これは画期的】友人の水難事故をきっかけに考案された救命バンド Kingii(キンジー)が素晴らしい

夏になり、海や川で遊ぶ機会が増えてきました。そうすると自然と「水難事故」が発生するリスクも高まってきます。

そんな事故を少しでも無くそうと、友人の水難事故をきっかけに考案された、画期的な小型リスト浮揚装置、Kingii(キンジー)をご紹介します。

kingii01

水難事故防止のアイテムといえば一般的には「ライフジャケット」が想像されますが、それ自体がかさばるのと、装着するにもかなりの手間がかかるという問題点がありました。

Kingiiはリストバンド型の救命器具のため、ライフジャケットとは比べものにならないくらいコンパクトで、装着は腕につけるだけというシンプルさ。これならサーフィンの際も、泳ぐときにも邪魔にならずに持ち運べますね。

huyuu

膨らむ浮きは目立つオレンジ色で目立つ色、6歳の子どもから大人まで、安心して装着することができます。

映像

特徴

繰り返し使える

一度使用しても、専用のCO2カートリッジを交換し、バルーンを畳めばもう一度利用することができます。

一瞬で浮きが膨らむ

中にCO2入りシリンダーが収納されており、何かがあったときにレバーさえ引っ張れば、約1秒ほどでCO2によって浮きが膨らみ上に浮上します。

浮力がすごい

浮力は48時間持続され、試験では体重124キロの成人であっても浮上させることに成功しています。

crhnxqk4cgj39ryhngva

開発者はトム・アガピアデス氏。

トムさんは目の前で、友人が水死するという悲しい体験をしました。「他の人に同じ思いをさせたくない」そんな想いからこの「Kingii」は開発されています。

この商品は現在「indiegogo」というクラウドファウンディングのサイトで出資を募っています(残り数日)。そして、日本からも14,290円で購入(予約)することは可能です。

indiegogo
Webサイト
rakunew | 日本で購入する場合

子供がいる方なら特に、水の事故については常に心配がつきまといます。こういった装置を持ち運んでいるだけで、事前に事故は防げる可能性が高まります。

開発者の体験から生まれた、水難事故を減らす素晴らしい装置 Kingii でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです