「いいな」を届けるWebメディア

スポーツ

2015年08月10日 更新

【今年もやってくれた!】笑いを追求する鹿児島実業高校の”新体操”がやっぱりすごい

taisou00

高校新体操界の名門「鹿児島実業高校」。

feelyでは過去にも「一流の技術で笑いをとる新体操名門校の演技に爆笑必至」という記事で取り上げさせていただきました。

コミカルな演技で毎年話題を呼ぶ鹿児島実業高校ですが、2015年夏のインターハイでも素晴らしい演技を見せてくれました。

「いかに、観客を楽しませるか。」をモットーにしたこのチーム、新体操に詳しくない人でも楽しんだり、ワクワクできるような演技となっています。

映像

新体操男子団体の鹿児島実が、2015年も独特の演技で会場を沸かせました!

踊り出しはアニメ「妖怪ウォッチ」のテーマソング、その後は「ザ・ドリフターズ」のネタや「仁義なき戦い」のワンシーンも登場し、会場からは笑いと拍手が交互に沸き起こります。

結果は19位でしたが、主将の穂満力也選手は「悔いはないです。拍手が気持ちよかった」と満足そうに語っていました。

男子新体操は、競技人口の少なさからマイナースポ­ーツと言われることもあり存続の危機を迎えているそうです。ただ、こういった演技を見るとで新体操自体に興味を持つ人が増え、男子新体操が多くの人に感動を与えるすばらしいスポーツであることを思い出させてくれる気がします!

一流の技術で笑いをとる新体操名門校の演技に爆笑必至

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです