「いいな」を届けるWebメディア

スポーツ 感動

2015年08月21日 更新

【僕はこれで野球をやめます】甲子園決勝で敗退した仙台育英のキャプテン佐々木柊野選手の言葉が心に響く

CM1V8B7UcAEJTjK

出典:twitter

2015年8月20日に開催された、第97回高校野球選手権の決勝戦。

「仙台育英6-10東海大相模」と、東海大相模は45年ぶりの甲子園優勝を果たしました。

そんな中、惜しくも敗退してしまった仙台育英のキャプテン、佐々木柊野選手がの母親に向けたメッセージが話題になっています。

「僕はこれで野球をやめます。母子家庭で私学に行かせてもらって母には苦労をかけました。卒業したら消防士になります」

このメッセージが話題になり、様々なコメントが集まっています。

コメント

母子家庭にも関わらず、野球を継続するために母親に苦労を掛けてしまった。卒業したら消防士になります。

母親思いの彼だから発言できた言葉。

最後の試合を「優勝」の2文字で飾ることはできませんでしたが、試合後に本人は「できることは全部やった。決勝戦が一番いい試合だった」と語っていました。

これからも頑張ってほしいと思える、素晴らしい思いやりでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです