「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2015年08月28日 更新

かき氷を食べても頭が「キーン」としなくなる裏ワザ

お祭りやコンビニでもおなじみのかき氷。

冷たいものを食べている時に感じるあの「キーン」とした頭痛を、感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、あの嫌な「キーン」を解消する簡単な方法です!

kakigoori00
kakigoori01

かき氷で頭がキーンとしなくなる方法

「かき氷の容器で額を冷たくする」

そもそも冷たいものを食べた際に頭が痛くなるのは、口の中にある顔の皮膚感覚をコントロールする神経が、「冷たい」を「痛い」と勘違いして生じる現象です。

ですので、頭が「キーン」と痛くなったときは、かき氷の入った容器を額に10秒ほどあてると、「痛い」と思っていた神経の信号が「冷たい」に切り替わるので「キーン」という痛みが治まるということです。

また、別の方法として、氷の入ったグラスを額にあてるのも効果があるそうです。

次から頭がキーンとした際にはこの方法で対処しましょう!

ピンチを救う!秘伝!裏ワザ百科

unnamed

このような小学生に役立つ裏ワザが「ピンチを救う!秘伝!裏ワザ百科」には392個ほどのっています。また、Amazonでも購入可能となっております。

イラストレーター:ひろいまきこ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです