「いいな」を届けるWebメディア

動物 感動

2015年08月31日 更新

「危篤状態のこの子を守りたい」愛あふれる切なくてやさしい子守唄

fond

出典:youcaring.com

子ブタに捧げるやさしい歌声

生後9か月の子ブタ・ベントレー。
体調を崩し、救急病院に運ばれたところ、細菌性髄膜炎と診断されてしまいます。
手術をしても、生存率は10%ほどという厳しい状況。
更に悲しいことに、その病気がベントレーの視力をうばってしまいました。

e

出典:youtube.com

苦しい症状に加えて、目が見えないことによる恐怖と混乱がベントレーを襲います。
病院の中では騒音が鳴り響き、それが更にベントレーを怯えさせました。

苦しみ怯えるベントレーを、少しでも安心させたい。
もう命が長くないかもしれないこの子をせめて恐怖から解放したい。
飼い主であるコリーヌ・ディロレンゾさんがとった行動が、あまりにも切なく胸に響くとネットで話題になりました。

再生した瞬間から、湧き出るような愛情に胸がしめつけられます。

ベントレーが信頼しきっているのが目を見ると一目瞭然ですね。
コリーヌさんの目に浮かぶ悲しみの色も、胸にささります。

まるで本当の母と子のようです。

奇跡的な回復

切なさがいっぱいの動画でしたが、このお話は嬉しい結末を迎えます。
一度は死を覚悟していたベントレーが、このあと持ち直しました!
コリーヌさんもベントレーも、可能性が低くても最後まであきらめなかったそうです。

彼らは今、飼育放棄や劣悪なファームから救出された動物のサンクチュアリであるEarth Animal Sanctuaryで一緒に暮らしています。

ベントレーもレスキュー団体に助け出された動物のうちの1匹だったのです。
世話をするコリーヌさんの愛情深さもうなずけますね。

●ベントレーが元気にしている様子は、彼らのfacebookでもご覧いただけます。>>>EARTH Animal Sanctuary

●上の動画で一躍有名になり、ニュースにも取り沙汰されたベントレーの後日談はこちらから。(英語です)>>>Bentley

コリーヌさんは言っています。
「ベントレーは毎日私に教えてくれるの。強くあること、そしてあきらめないことをね。」

ベントレーの方も、コリーヌさんから深い愛情を教わったはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです