「いいな」を届けるWebメディア

ニュース 感動

2016年07月18日 更新

1人でも多くシリア難民を助ける!アイスランドの人々のあたたかい申し出

紛争から逃れようとヨーロッパへ向かうシリア難民の数が日に日に増える中、9月2日には非常に悲しい写真が撮影されました。
それは、逃げる途中で溺れてしまった1歳の男の子が、トルコの海岸に漂着した写真。
全世界が心を痛め、この難民問題に胸をしめつけられました。
この時、海岸に漂着したご遺体は12人だったそうです。

アイスランドの人々のあたたかい申し出

camp

出典:time.com

400万人以上の難民が住む場所を失い、キャンプ生活を余儀なくされる中、ヨーロッパ各国が彼らの受け入れ態勢を検討しています。
アイスランド政府が最初に発表した受け入れ人数は50人でした。

もっと多くの人を受け入れたい

大学教授をしているブリンディス・ビョルクビンスドッティルさん。

b

出典:diariodocentrodomundo.com.br

彼女は、
「困っている難民の人たちに、安心できる住まいを提供したい」
「家以外にも、服やお金、子どものおもちゃなど、彼らの助けになるものを集めたい」
「難民の人たちに有益な情報を届けたい」
「受け入れ人数をただちに増やしてもらうように政府に呼びかけたい」
などの目的でfacebookページを立ち上げました。

▼「この場で起こっていないからと言って、それが現実に起こっていないわけじゃない」と題されたページ

eventfb

出典:facebook.com

この活動のきっかけは、ブリンディスさんの友人がアイスランドへの難民受け入れ人数が50名と聞いた時に、「私の家に5名受け入れられるので、どうか総数を55名にしてください」とアイスランド政府に呼びかけていたのに感動したのが始まりだそうです。

ブリンディスさんは「この友人や私自身だけでなく、もっと難民になってしまった人たちを助けたいと思っている人がいるんじゃないかしら?」と感じ、不特定多数にむけて協力を申し出たのです。

難民にならざるを得なかった人たちは、経験とスキルを携えた人的資産よ。そして、将来あなたのかけがえのない人になるかもしれない。親友やソウルメイトになる人かもしれない。私たちの子どもの遊び相手になってくれる人かもしれない。同僚となって助けてくれる人かもしれないのよ。

私たちの命と同じくらい価値があるかけがえのない人たちよ。

refgee

出典:time.com

この呼びかけへの賛同者は17.000人を超えています。
ニュースにもなり、政府を動かそうとしているのです。

そしてシリアから助けを求める人々の声も悲痛です。

refugeeskids

出典:indiegogo.com

私はシリア人で歯科医をしています。私と夫、3人の子供のための安全な場所が欲しいです。少しのサポートがあれば、アイスランドで新しい生活が始められると思います。
暴力を身近に感じない生活・・・。それは私の夢です。お願いします、助けてください。

このようなコメントがたくさんあります。
そして、そういった助けを求めるコメントに対し、「こちらに来れるように航空券代をサポートしたい」「子どものためにアイスランドの文化や言葉を教えてあげられます」などの心優しい返事を見ることができます。

アイスランドの面積は日本の約30%ほど。
人口は約33万人の小さな島国です。
他者の痛みを共感できる、小さな国の大きな国民性に胸が震えます。

▼この1件がニュースになった時の動画です。

▼ブリンディスさんが立ち上げたfacebookページはこちらです。
Kæra Eygló Harðar – Sýrland kallar

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです