「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2015年09月27日 更新

いまさら聞けない「スクショ」のやり方【Android、iOS、Windows、Mac】

「スクショ」とは「スクリーンショット」の略で、画面に表示されている状態をそのまま画像として保存することを言います。
実は、結構便利な機能で、使いこなすといろいろイイコトがあります。
今回は、この「スクショ」のやり方をOS別(Android、iOS、Windows、Mac)に詳しく解説していきます。

「スクショ」の使い道

ネットで目当ての情報を見つけたときやアプリがおかしな状態になったとき、さっと「スクショ」がとれると、誰かに状況を説明するときに画像に少し説明を加えるだけで通じたり、ネットが繫がらない場所でさっき見つけた情報を確認したり、結構便利に使えます。

一例ですが、スクショの使い道を見てみましょう。

1. 時刻表や乗り換えなど、よく検索するページを撮影しておく

例えば、電車やバスの時刻表や乗り換え経路を検索するサービスをよく使っているとします。

検索結果を撮影しておけば、一度の通信で済むのでパケット通信量を節約できますし、接続時間が不要なのですぐに確認できます。

2. 会員登録した時のIDやパスワードが表示された画面やネットショッピング等の注文番号を保存しておく

ネットショッピング等で物品などを購入した際の注文番号や、加入したサービスのIDなどもサッと撮影しておくだけで、メモをとる必要はなくて便利です。

3. 情報共有に活用する

たとえば待ち合わせをする時、駅の構内図のスクリーンショットに画像編集アプリでちょっと情報を書き足したり、マップアプリで経路探索した結果のスクリーンショットをとって、メールやメッセージアプリで送れば、より具体的な場所の情報を共有できます。

OS別「スクショ」のやり方(解説)

「でも、OSが変わると「スクショ」の撮り方も変わるので、いちいち撮り方を調べるのも面倒…

確かに、身近にいろんなOSがあるので、そう思われるのも無理はありません。
でも「スクショ」は簡単に撮れるんです!

ここでは「スクショ」のやり方をOS別に解説します。

Android

基本操作は「電源ボタン」と「ボリュームダウンボタン」を同時に長押しすることでスクリーンショットが撮れます。

出典:http://www.apowersoft.jp/

撮ったスクリーンショットは画像データとして「アルバム」や「ギャラリー」に保存されます。
GALAXYなど物理的ホームボタンがある端末は「電源ボタン+ホームボタン」の長押しとなります。

【動画】

iOS

iOSの場合は「スリープボタン」を押したまま「ホームボタン」を押すとスクリーンショットが撮れます。

iPhone5、iPhone5Sの場合は端末上部と下部を押す形になります。

出典:http://weekly.ascii.jp

iPhone 6/iPhone 6 Plus/ iPhone 6S/iPhone 6S Plusはスリープ/スリープ解除ボタンの位置が側面に変わっているので、少々押しづらいですが、この位置です。

出典:http://www.sapplife.net

Apple Watchでももちろんスクリーンショットが撮れます。
撮ったスクリーンショットは画像データとして「アルバム」に保存されます。

出典:http://link-man.net

Windows

Windowsの場合はキーボードで操作をします。

1.画面全体のスクリーンショットをとる方法

OSのバージョンを問わず、「Windowsキー」と「PrintScreenキー」を同時に押してスクリーンショットを撮ることができます。

出典:http://support.hp.com

ノートPCの一部の機種では「functionキー」と「Windowsキー」と「PrintScreenキー」の同時押しとなります。

出典:http://support.hp.com

タブレットPCの場合は [Windows] ボタンと [音量] ボタンの同時押しでスクリーンショットが撮れます。
スクリーンショットの画像データは「ピクチャ」フォルダの下にある「スクリーンショット」に保存されます。

出典:http://support.hp.com

2.一番手前の画面だけをスクリーンショットする場合

Windowsなど、複数のアプリケーションウィンドウを同時にいくつも表示できるOSの場合は、全画面ではなく、特定のアプリケーションウィンドウのスクリーンショットを取りたいことがあります。
「Altキー」と「PrintScreenキー」を当時に押すと一番手前の画面の画像データがコピーされます。

出典:https://www.sony.jp/

ただし、このままでは保存されないので、「ペイント」ツールを起動してコピーした画像をペーストし、「ペイント」ツールのファイル保存機能を使って、画像データを保存します。

出典:http://121ware.com/

MacOS

MacOSの場合もWindowsと同様にキーボードの操作でスクリーンショートカットをとることができます。

1.画面全体のスクリーンショットをとる方法

「command (⌘) キー」と「shiftキー」と「3キー」を同時に押します。

出典:https://support.apple.com

スクリーンショットの画像データはデスクトップに保存されます。

2.画面の一部のスクリーンショットをとる方法

「command (⌘) キー」と「shiftキー」と「4キー」を押してカメラポインタが表示されたらスペースバーを押します。

出典:https://support.apple.com

マウスやトラックパッドを操作してカメラポインタを移動させ、目的のウィンドウをクリックやタップで選択すると、デスクトップにスクリーンショットの画像データが保存されます。
また、今回は詳細な説明を省きますが、MacOSでは以下のようなスクリーンショットをとることも可能です。
・ウインドウのスクリーンショットをとる
・メニューのスクリーンショットをとる
・タイトルを除いてメニューのスクリーンショットをとる
これらの詳細はサポートページに詳しく説明されていますので、興味のある方は一度見てみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです