「いいな」を届けるWebメディア

CM

2015年09月27日 更新

「戦争を考える」東海テレビで実際に放送された公共CMに、あなたは何を思う?

日本が戦後から70年経った「今」。国内では戦争に対する制度や価値観を巡って、さまざまな動きが目立ってきています。

huukei2

それは日本全国で起きている現象。

ninchisho
そのあらゆる現場を取材し、「戦争」を考えるきっかけをくれる東海テレビのCMが、国内最大級のCM賞である「ACC CM FESTIVAL」でグランプリを受賞しました。

一体、どんなCMなのでしょうか。

iitakunai
戦争を体験した人…

26
戦地を知らない若者は…

nikushimi
今の日本は、何を考えているのか。

完全なドキュメンタリーCM。5分45秒という映像に映し出されている意見や人物は、すべて実在の人々です。

現実、なのです。

2015年の6月29日に公開されたこちらのCM。公開当時よりもまた少し、日本の内情は変わってきています。この流れをあなたは、どう考えていますか?そしてこの動画に出てきた戦争を体験した人、体験していない人たちそれぞれの意見を、どう受け止めますか。

「覚悟はできているつもりです」

「殺したり、殺されたりするのはイヤだなぁ」

anatani

戦争がいい、悪い、やりたい、やりたくない、を決めるんじゃない。

kangaetudukeru

「戦争を、考えつづける」それが今の日本に、大切なものなのかもしれない。そんな考えが芽生える、東海テレビの公共CMのご紹介でした。

出典:advertimes.comyoutube.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです