「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2015年09月30日 更新

【読書の秋】書店で本を買うときに知っておくと便利なコツ

本アイキャッチ

出典:BGM channel

書店で本を探すときに「面倒だな」と思ったことはありませんか?

店員さんに話しかけるのも少し気を使うし、できれば一人で素早く探したいと思ったことはないでしょうか?

そこで、本を探すときの手段のひとつとして、ISBNコードを使って検索する方法をご紹介します。

書店の検索機でラクに本を探す

ISBNコードで本を検索!

ISBNとは、書籍・出版物を識別・管理するために用意された番号のことである。
ISBNは世界共通で用いられており、世界中で発行されている出版物に対して与えられている。
ISBNを調べれば、どの国の、どの出版者が発行した、どんなタイトルの出版物かを一意に特定できる。
IT用語辞典バイナリ

ISBN

出典:天牛堺書店

書名や著者名で本を検索する場合、予測変換の候補が多いと検索結果が出るのに時間がかかってしまいます。

その点、ISBNコードは13桁の数字を入力するだけなので、ラクに本を探すことが出来るんです。

書名が長い本を探すときは、ISBNコード入力での検索をオススメします。

キレイな状態の本を目利きする(コミックス編)

本の四隅をチェック!

大好きなコミックスを書店で買い、家に帰って本を見開いてみたらページが中折れしていたという苦い経験をされたことはありませんか?

筆者は本の保存状態を気にするので、ページが中折れしているとかなり落ち込みます。

しかし、売り場に並んでいるコミックスは透明フィルムで包装されているので、ページが中折れしていないかどうかをチェックすることが出来ません。

そこで、コミックスを買う前には本の四隅をチェックしておきましょう。
ページ3
本の四隅をチェックすると、ページが中折れしていないかどうか一発で分かります。

あとは、表紙に擦り傷がないかをチェックしておくのも、キレイな状態の本を選ぶためには重要です。

あると便利なモノ

レジ横に置いてある”紙のしおり”を貰っておく!

文庫本は背表紙の上部に”しおり紐”がついていないことがあるので、レジ横に置いてある”紙のしおり”を貰っておくことをオススメします。
しおり2
書店で本を買った後、バスや電車内ですぐに読みたいときに”しおり”がないと、気持ちよく読み進めることが出来ません。

レシートや読者アンケートのハガキなどで代用するのも一つの手ですが、かなり切ない気持ちになってしまいます。

紙のしおりのデザインは書店ごとによって違うので、コレクションとして集めてみるのも面白いですよ。

おわりに

最近はインターネットで簡単に本を買うことが出来ますが、全てがワンクリックで済んでしまうので少しだけ切なく感じてしまいます。

混雑した店内、紙の本独特の匂い、コミックスを包装している透明フィルムを破るときのちょっとした快感などは書店でしか味わえない醍醐味です。

読書の秋の楽しみ方を深める手段のひとつとして、書店でラクに本を選ぶコツをご紹介させていただきました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです