「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2015年09月30日 更新

ご存知でしょうか?老け顔に見える特徴は意外とここにあるのです!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK86_atamakakaerujyosei20140125-thumb-1000xauto-16723

実年齢はまだまだ若いはずなのに、いつも人からはかなり年上の年齢に見られる・・。

老け顔に見られる原因や特徴はなんのでしょうか?
今回は、年相応に見えない老け顔の特徴について調べてみました。

一目見ても何だか老けていると感じさせてしまうのはシワ・たるみなども大きな要因なのです

■老け顔の原因

ちょっと前まで若々しい雰囲気だったのに急に老け顔になってきた人って周りにいませんか?

そしていくつかわからないけれども年齢以上に老け顔の人もいます。この原因は一体何でしょうか。

まずは顔に艶やハリがなくなってしまうことが大きな要因なのです。
逆に年齢を重ねている人でも艶のある表情をしているだけで若々しく見えるものです。

老け顔を作るのは口角が下がり曇った表情になってしまうのです。
それだけでも老け顔になってしまい会う人にも暗い印象を与えてしまいます。

目尻に出来るシワは誰でも加齢によって出来てしまうことです。
それに引き換えて顔全体にシワが出来てしまいます。知らず知らずに肌の色がくすんでしまって透明感を失った時に老け顔が完成してしまうのです。

老け顔の特徴① たるんだ頬とほうれい線

見た目年齢を軽く10歳以上も引き上げてしまう老け顔にあるのは、くっきりと出来てしまう「ほうれい線」です。
それだけでも口元が下がってしまうのです。

これではいくら明るく振る舞っても老け顔に見えてしまうことを免れません。

そしてたるんだ頬もそのままにはしていられません。
顔の筋肉がたるんでしまうことで頬全体が下に下がってしまうことで口まわりにほうれい線がびっしりと出来てしまうのです。

老け顔を作ってしまう原因としてたるんだ頬とほうれい線は2大原因になっているわけです。

老け顔の特徴② ヘアスタイル

ヘアスタイルは見た目年齢を上下させてしまう大きなポイントになります。
当然老け顔につきものの老け顔ヘアスタイルとはどのようなものでしょうか。

まずは年齢を重ねているのに異常に長めのヘアスタイルというのはいかがなものでしょうか?
それを束ねたりまとめたりすることなくロングヘアを持続することです。

これは年齢相応のヘアスタイルとは言えません。つまり老け顔を助長していることになるのです。

もう一つはある程度の中高年になってからのベリーショートのスタイルにも同じことが言えるのではないでしょうか。優雅さや華やかさを保つことが老け顔にとっては助けになります。そういう意味でも髪質もふんわりとさせる努力をして加齢による薄毛対策などにも精を出すべきなのです。

老け顔の特徴③ メイク

若々しく見せようと努力をしているのに余計に老けて見えるメイクはあります。
毎日行う些細なスキンケアだけでも血色をよくすることは可能なのです。そこを怠っているといくら高価な化粧品を使ってもかえって老け顔メイクに逢ってしまうのです。

老け顔メイクの命取りになるのが頑張りすぎるアイメイクです。
その上眉尻まで長めに描いてしまい舞台女優のようなメイク方法に走ってしまうとすでに老け顔メイクの第一歩になるのです。

そしてチークを低い位置に入れてしまいアイシャドーを派手目に入れてしまうことで老け顔メイクになるということを覚えておきましょう。

■いかがでしたでしょうか?

老け顔に見える原因は顔全体に見えるシワや艶を失った肌・そしてメイク方法髪型などが重なり合っているからなのです。思い当たる点がある人は、は要注意ですね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです