「いいな」を届けるWebメディア

コラム ニュース

2015年10月11日 更新

【顏や全身に「酸」をかけられた男性】以前と変わったパパの顔を見た、2歳の息子の反応は…

アンドレアスさんは、幼い息子と奥さまと3人家族。幸せな家庭を築いていた彼の日常を突然ねじ曲げたのが、ある「間違い事件」でした。※やけどを負った男性の画像が含まれる記事です。

2D48BEB600000578-3267741-image-m-10_1444505544248

出典:dailymail.co.uk

かけられたのは「酸」

デビッド・フィリップスという、すでに逮捕され、終身刑を言い渡されているこの事件の犯人。この男が、なんと「人間違い」で、アンドレアスさんの顔をめがけて、猛毒である「酸」を投げつけたのです。

予期せぬ攻撃になすすべもなかったアンドレアスさん。彼は、顔のほとんど、そして腕など、体中のいたるところが酷いやけど状態へ。昏睡状態から一命は取り留めたものの、大きな後遺症と傷跡を残してしまうことに…。

2D48D75500000578-3267741-image-a-26_1444506495666

出典:dailymail.co.uk

意識が戻ったとき、アンドレアスさんは己に起きたことに絶望すると同時に、

「もう息子は、こんな姿になった私をパパだと分かってくれないかもしれない」

という不安に襲われていました。

赤くただれた皮膚、眉毛のない目元…たくさんの不安や絶望の中でも最も、息子との関係を気にしていた彼。長く集中治療室にいたため中々息子と対面することができず、久しぶりに顔を合わせたのは、事件から2ヶ月後。

2D48D60000000578-3267741-image-m-30_1444506806601

出典:dailymail.co.uk

久しぶりに対面した父子。テオくんは「パパだ!」とすぐにパパだと理解し、駆け寄ってぎゅっと抱きしめ合ったそうです。

2D48D74200000578-3267741-image-m-28_1444506724426

出典:dailymail.co.uk

これは事故前の写真です。この頃と比べ、

「もう息子は、変わり果てた自分だとは理解してくれないかもしれない」

そんな不安は、親子の絆の間では不要だったのです。

テオくんは、そしてきっとアンドレアスさんも、大事な人を顔で判断しているわけでは、ないということ。その人の体格、声、雰囲気、話し方、まとっている雰囲気…そんないろんなものが合わさって、「その人」ができあがる。顏がちょっと違ってしまったぐらいじゃ、その人自身は何も変わらない、ということでしょうか。

2D48D5DF00000578-3267741-image-m-25_1444506403533

出典:dailymail.co.uk

このとき、アンドレアスさんの感じた気持ちは、私たちには計り知れないものだったでしょう。そしてまた、大きな生きる希望につながったはず。

しかし、このイギリスを震撼させた大事件。罪が確定しても、刑が執行されても、アンドレアスさんの顔が以前のように戻るわけではありません。

彼はこれから、長い治療が待っています。何度かの手術、日常生活のケア、介護だって、必要なときがあるでしょう。

酸を人にかける行為自体、許されることではありません。それに加え、「間違えて」かけられてしまったアンドレアスさんの心情は、想像しただけで私たちも心臓が握りつぶされる想いになりそうです。

2D48BEE300000578-3267741-image-m-16_1444505764900

出典:dailymail.co.uk

しかい彼の人生は、大きく変わって、これからまた始まるのです。愛する家族、そしてきっと、彼をサポートしてくれるであろう、アンドレアスさんのことが大好きな人たち。たくさんの人と一緒に、明るい未来を描いてくれることを信じています。奥様の明るい笑顔も、きっと彼の心をいやしてくれるでしょう。

2D48D75E00000578-3267741-image-m-33_1444506939651

出典:dailymail.co.uk

決して笑顔ばかりの人生ではないはず。でもご本人含め、この家族の笑顔は、本当に心から幸せそう。強い心で家族を支える姿に、本当にパワーをもらえます。

出典:dailymail.co.uk

事件についての詳細サイトはこちら(※海外サイトになります)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです