「いいな」を届けるWebメディア

雑学・ライフハック

2015年10月21日 更新

太らない体質とは~太らない人は体質に理由があります~

たくさん食べても太らない人、太りにくい人、という羨ましい体質の人がいますが、そのような人達はどのような体質なのでしょうか。
そこには太らない理由があるのです。
逆に言えば、太りやすい人、ダイエットに成功しない人は、太らない体質の理由を知り体質改善をすれば、太らない体質になることができるのです。
どんな体質の理由があるのか、いくつか例をあげてみます。

1.代謝が良い

出典:http://01.gatag.net/

代謝が良い人は、それだけカロリーの燃焼がよいので、太りにくいのです。
代謝を上げるには、運動をする、というのも一つの方法です。有酸素運動よりも無酸素運動の方が、筋肉に負荷を与えることで筋肉量を増やすので、代謝をあげるということであれば、無酸素運動の方が向いています。

もちろん有酸素運動もカロリーを消費するので、組み合わせてするとなお良いでしょう。

また、水分不足だと基礎代謝が落ちます。
一日1,5リットルを目安に水分を摂るようにします。

2.腸内環境が良い

太りにくい体質の人は、普通の人よりビフィズス菌が多くおり、腸内環境が整っています。

ビフィズス菌が多く含まれているものといえばヨーグルトが有名ですが、他にも、ニンジン・バナナ・リンゴにも多く含まれています。

便秘気味で太りやすい人は、腸内環境を整えることを意識すると良いでしょう。

3.三食しっかり食べて間食をしない

出典:http://www.city.ryugasaki.ibaraki.jp/

朝食を食べない人も多くいますが、朝食は基礎代謝を上げるうえでとても大切です。朝食べることで、お昼までの無駄な間食も防ぐことができます。
また、空腹時に多く食事を摂ると、血糖値が急激に上がり、脂肪がつきやすくなってしまいます。

食べ過ぎてしまう原因にもなります。
三食きちんと食べ、できるだけ間食をしない、間食をするなら炭水化物(ドーナツなど)は避け、ドライフルーツや寒天などにします。

4.高タンパク質な食事を摂っている

糖質や高脂質の食べ物よりも、高タンパク質の食べ物の方が、エネルギーを消費します。
食事に豆腐や鶏肉などを取り入れるようにしましょう。

また、食事バランスを考え、ミネラルやビタミンを多く含む野菜も積極的に取り入れます。

5.質の良い睡眠をとっている

睡眠不足は太りやすい体質になるということがわかってきました。
質の良い睡眠をとるためにも、規則正しい生活を心掛け、眠る前はストレッチをして身体をほぐしたり、眠りに良いといわれるアロマを炊いたりして、身体を眠りの準備へ導くようにしてあげましょう。

6.姿勢がよい

普段生活している中で、姿勢が良いとそれだけでカロリーを燃焼しています。
仕事中や授業中、通勤中など、姿勢に気を付けるだけでも、消費カロリーが変わってきます。
意識して姿勢を正してみましょう。

7.入浴はシャワーで済ませず湯舟につかる

出典:http://all.sakurasozai.com/

毎日の入浴は、シャワーで済ませず湯舟につかり、身体の芯から温めるようにします。
身体が冷たいと、代謝が落ちます。

このように、太りにくい体質の人は、規則正しい生活を送っている、というのが一番の理由になっています。
きちんと食事をとり、適度な運動をし、しっかりと睡眠をとる、という当たり前の生活を心がけることが、太りにくい体質になる近道であり、太りにくい人の理由でもあります。
なかなか痩せない、ダイエットが成功しない人は、このようなことに気を付けて生活をしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです