「いいな」を届けるWebメディア

ニュース

2015年11月05日 更新

2016年3月25日、日米同時公開!【バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生】

batman-vs-superman-1024x681

出典:http://www.crunchyfriday.com

今や日本の誰もが知るアメコミのヒーロー、スーパーマン。そしてバットマン。映画を見たことがなくても、名前やその風貌はすぐに頭に浮かぶと思います。

来年の春、この二人のヒーローが激突するというアメコミ映画史上、最強にアツい映画が公開されます。それが「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」

公開まで半年を切り徐々に盛り上がってきている中、今回はヒーローたちの簡単な説明とともに映画の気になるポイントを紹介したいと思います。これを見たら事前準備は完璧です。(前作などを知っている方はぜひ映画の紹介部分からどうぞ!)

スーパーマン

スーパーマン

出典:http://www.allposters.co.jp

高度な文明を誇りながらも崩壊の危機に瀕していたクリプトン星の執行官ジョー・エルは、自分の息子カル=エルを救う為、カプセルに乗せ未開の惑星「地球」へと放出した。直後、クリプトン(”秘密の星”の意)は崩壊し、赤ん坊は惑星の遺児となった。 カプセルはアメリカ合衆国カンザス州スモールヴィル(“小さな村”の意)に飛来、そこで暮らしていたケント夫妻に拾われ、カル=エルはクラーク・ジョセフ・ケントと名付けられた。成長した彼は自分の能力を世の為に役立てる事を誓い、スモールヴィルから大都会メトロポリスへ移住する。大学卒業後、デイリー・プラネット新聞社に入社し、スーパーマンとケントとしての二重生活を送る事と成った。2012年に退社しフリージャーナリストになる。
(Wikipediaより)

そう、彼は実は人間ではないんです。知っていましたか?スーパーマンの衣装もただの演出で、本当は普段のスーツでも超人的な能力を発揮できちゃうんです。
スーパーマンはアメコミの中でも1、2を争う強さで、80万トンを持ち上げる怪力、核爆発に耐えうる耐久力、地球の自転に影響を及ぼすこともある飛行速度、そして目からビームなど・・・、まさに反則級の強さです。
自分が普通の人間ではないことを知り、この能力を地球の人々のために使うことを決意しクラーク・ケントは「スーパーマン」となるのです。

スーパーマンは映画やアニメ、ドラマなど数多くの作品が発表されており、実はその度に少しずつ設定の変化があります。大筋は一緒でも時代の変化に伴い変えているのでしょう。
もし、スーパーマンについて詳しく知っておきたい!という場合は、今回の映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は「マン・オブ・スティール」の続編なので、映画の流れやキャラクターについて知るために映画公開前にこちらを押さえておくといいと思います。「マン・オブ・スティール」はスーパーマンがスーパーマンになるまでのお話です。

そして今回のスーパーマン(クラーク・ケント)を演じるのはやはりこの人、前作に引き続きヘンリー・カヴィルです。

ヘンリー・カヴィル

16846510

出典:http://prcm.jp

sm

出典:http://news.infoseek.co.jp

バットマン

バットマン

出典:http://www.allposters.co.jp

本名ブルース・ウェイン。少年時代に観劇の帰りの通りで強盗によって、両親が射殺された事で犯罪撲滅を誓う。14才から格闘技と法科学のスキル習得の為世界各地で様々な修行を積んだ。その旅の中で出会ったネイティブ・アメリカンのシャーマンからは、蝙蝠に準えられる。
ゴッサム・シティに帰った後、丸腰でチンピラ達を路上で殴り倒すも、「相手が同じただの人間」に過ぎなかった為か、これっぽっちも怖がられずに終わってしまい、犯罪者達に恐怖心を与えるには「恐怖の象徴」が必要であると考えたブルースは、かつて準えられた「蝙蝠 (コウモリ) 」を象徴とした超人的存在「バットマン」というアイデンティティを作り、活動を始める。これがバットマン誕生の経緯である。
(Wikipediaより)

スーパーマンに反しこちらは人間。そして悪を憎む根拠がしっかりあるのです。対比が見えてきましたか?バットマンは「人のため」というよりは「悪をつぶすため」という目的を持ったダークヒーローなのです。しかしながら、様々なアメコミヒーローの中で最も人間らしいヒーローと言えるかもしれません。

そしてこちらもやはり映画によって設定が少しずつ異なっています。今回の映画の制作総指揮はクリストファー・ノーラン。バットマンについて知っておくためにはノーランが監督した「バットマン ダークナイト3部作」を予習としてみておくのが正解か?と思いきや、今回の映画の監督であるザック・スナイダーはノーランのバットマンとはまた違う、伝統に忠実かつ壮年のヒーローの人間らしい良さを持った新たなバットマンを描き出したようです。
なので初見の方は設定だけ知ってれば大丈夫です。ありのまま楽しんでください!そして他の作品も見た方は今までのバットマンとの違いやスーツ、バットモービルなどの小道具の違いにも注目です!

そして今回のバットマン(ブルース・ウェイン)はこれまでのバットマンとは異なり、ベン・アフレックが演じます。

ベン・アフレック

BenAffleck01

出典:http://www.tvgroove.com

3hRU6px

出典:http://movie00.seesaa.net

映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」

さて、お待たせいたしました!ここからは映画の紹介に入りたいと思います。まず見ていただきたいのがこちらの予告編。

予告編2

最初から核心に迫る入りです。
f
看板には、「スーパーマン=不法エイリアン」や「地球は人間のもの」などと書かれています。
そう、やはりスーパーマンが宇宙人であることに焦点がおかれるようです。「その力は我々の脅威にはなりえないのか?」と。
a

そしてバットマンとの対立を生む原因となるであろうこのシーン。
g
左にあるロゴはバットマンことブルース・ウェインの持つ会社のマーク。つまり前作「マン・オブ・スティール」での攻防で彼のビルが破壊されていたのです。この前のシーンで破壊されるビルに走って向かうウェインの姿が見れますね。
前作を見た方はスーパーマンの描かれ方に疑問を持ったかもしれません。実は次回作への伏線だったんですね。

そして立ち上がるバットマン。
d

対するスーパーマン。
e

彼らの対立の経緯についてイギリスの映画誌『トータル・フィルム』のインタビューの中で役者たちが語ってくれています。(livedoorNEWSより

「ウェインが所有するビルのうちの一つが破壊され、彼はビルの中にいる全ての人を助けようとしますが、できません」とカヴィルは語る。「そして彼は激しく怒るとともに、次にスーパーマンが引き起こすかもしれない行動を恐れるのです。なぜ人々はこのスーパー・パワーを持つ宇宙人を信頼しようとするのか、もし彼が我々の敵にまわったら、いったいどうするつもりなのか、と考えます」。(カヴィル)

「彼は自分の中に、スーパーマンに対するとてつもない怒りが秘められていると気づきます。それが彼の行動や、彼自身とその周辺の人々、例えばアルフレッド(ウェインの執事)の身の上に起きることの根拠にもなっていくのです。そうした彼は恐ろしくもあり、同時に心配にもなります。それは新しくて、とても興味深いサムシングだと思います」。(アフレック)

また、予告編でもわかるようにスーパーマンの宿敵であるレックス・ルーサーが出ています。最終的な敵はやはり別のところに持ってくるのでしょうか。そしてワンダーウーマンも登場。なんだか盛りだくさんですね。
もともとの設定でもスーパーマンとバットマンは正義のあり方について対立がありました。それをこの映画でザック・スナイダー監督はどう描くのか?どのような展開に持っていくのか?ここにも注目です。

そしておまけと合わせて見て欲しいこちらの予告編。

予告編1

おまけ

LEGOバージョン。驚くべき完成度ですよね!見比べるために思わず何週もしてしまいました。

いかがでしたでしょうか?ますます見たい気持ちが抑えられなくなってきました。もう半年なんて待ってられません!
そんなあなたのために素敵な壁紙サイトを紹介しておきます。お気に入りの一枚をパソコンにどうぞ。
こちらから→Wallpapers Wala/Superman Vs Batman
superman-vs-batman-wallpaper

出典:http://www.wallpaperswala.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです